FC2カウンター FPGAの部屋 Suzaku-V_SZ410

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Suzaku-V SZ410でのatmark-distのmake

今度はUbuntuでSuzaku-V SZ410-SILのアプリを開発してみようと、atmark-dist-yyyymmdd.tar.gzinux-x.x.x-atx.tar.gzSuzaku 開発者サイトからダウンロードしてやってみた。
参考書はSUZAKUスターターキットガイド(Linux開発編) [SUZAKU-V]だ。
最初にmake menuconfig をしてSuzaku-Vを選択してmake したところエラー。
どうやらbinutils のバージョンが合わないようだ。
atmark-dist_1_090120.png

そういえば、ガイドの18ページ、表3.2 SUZAKU-V用クロス開発環境パッケージ一覧のインストールをするのを忘れていた。powerpc用のbinutilsなどのパッケージをインストールする必要があったようだ。Suzaku-VのCDからインストールすることにする。
VMwareからCD-ROMをマウントして、dpkg -i *.deb ですべてのパッケージをインストールした。
atmark-dist_2_090120.png

そのあと、make clean , make menuconfig をやり直し、make 。
やはりエラーが出てしまう。
これは、上の図でlibs ディレクトリの下のライブラリもインストールするのでは?ということで、これもdpkg -i *.deb ですべてのパッケージをインストールした。
atmark-dist_3_090120.png

これでもう一度、make clean , make menuconfig をやり直し、make 。これでmake が完了できたようだ。
atmark-dist_4_090120.png

これでimagesフォルダにimages.bin などが生成された。
atmark-dist_5_090120.png

OK.。。。うまく行ったようだ。

2009/01/21 追加:ブート画面もうまく表示されて大丈夫だと思ったのですが、キー入力が出来ませんでした。どこかおかしいようです。
  1. 2009年01月20日 21:32 |
  2. Suzaku-V_SZ410
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0