FC2カウンター FPGAの部屋 木工

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

1x4 材で本棚を作ります2

1x4 材で本棚を作ります1”の続きです。

今日、本棚が完成しました。
前回の段階で、ほとんど、完成していたので午前中に完成させることができました。
bookrack_12_150509.jpg

奥さんが走りに行っていたので、帰って来てから午後5時40分頃設置しました。
bookrack_13_150509.jpg
設置した時、壁に向かって左が上がり気味でしたが、本を入れたら大丈夫でしょう?家も狂っているかも知れませんし、本棚が狂っているかもしれません。本当は現地で削って調整しますが、今回は省略ということで。。。
  1. 2015年05月09日 21:51 |
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1x4 材で本棚を作ります1

昨日から 1x4 材で本棚を作っています。

昨日は、グランステージに 1x4 材を買い出しに行きました。作る予定の本棚は 2440x638x180mm です。
1x4 材は 12F があったので、4本を 2440mm と 1270mm 程度に切ってもらいました。
棚板と連結板用に 6F の 1x4 材を6本買ってきました。合計金額は3300円程度でした。
家に帰ってから、棚板と連結板を切り出しました。棚板はぴったり 600mm、連結板は 170mm 程度です。スライド鋸で切ると、0.2mm 程度の誤差で切れると思います。見本と触って段差がないようにセットしてから切ります。
切り終えて今日は終わりです。ちなみに、これが家の作業場のスライド鋸と手押しかんな盤です。
bookrack_1_150506.jpg


今日は、まずは棚板の位置を縦の板に鉛筆でマーキングします。棚数は10なので、11箇所マーキングです。上3つの棚はコミックが入るように200mm の間隔にします。6つの棚は少し大きめの230mm の間隔です。後は残りの一番下の棚は250mm でした。

2つの1x4材の縦の板を2つ並べて、4箇所を連結板で連結します。その際には木工用クランプを使って締め上げます。その際に4mmのシナベニヤを間隔を確保するために間に挟みました。長さ32mmのコーススレッドを使いました。
製材した木はどうしても曲がっているので修正が必要です。買ってくるときになるべく真っ直ぐな物を選別してきますが、どうしても曲がっています。これで曲がりは修正出来ました。
bookrack_2_150506.jpg

bookrack_3_150506.jpg

間に挟む4mmのシナベニヤは、板を付けて上から挟んでも抜けないように自分で加工してあります。
bookrack_4_150506.jpg

これを2つ作りました。
bookrack_5_150506.jpg

縦の板を木工用クランプで作業台に固定して棚板をコーススレッドで固定していきます。下の棚板を固定したら、やはり、4mm のシナベニヤを挟んで、上の棚板を固定します。ここは、強度が必要だし長さ65mmの半ねじコーススレッドを使いました。半ねじを使うと連結対象との間に隙間があっても板が引き込まれて、よく締まります。
bookrack_6_150506.jpg

bookrack_7_150506.jpg

棚板を取り付けるときには、皿取錐で下穴を開けてから、コーススレッドをねじ込んでいきます。
皿取錐は、本来は埋木をしてコーススレッドを見えなくするものですが、浅く皿ネジの形に削ることによって、木の面を触ってもコーススレッドの頭が手に触らないようにします。皿取錐&埋木錐セットで購入しました。
bookrack_8_150506.jpg

だいぶできてきました。
bookrack_9_150506.jpg

なお棚板をつけている時は、直角を確認しながらやっています。縦の板の長さが正確なのと、棚板も0.2mmくらいの精度で切ってあるので、マーキングに合わせるとぴったり直角でした。
bookrack_10_150506.jpg

結構、重くなってしまったので、息子を呼んできて本棚を回転しました。下に作業台が無いと作業がやりにくいからです。
bookrack_11_150506.jpg

今日はこの辺りで終了。次回に完成させます。
  1. 2015年05月06日 20:14 |
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

介護用住宅改修

親父が背骨の圧迫骨折で現在入院していて、もう約三ヶ月になります。そろそろ退院ということですが、もう80歳を超えているので、思うように歩けないということで住宅改修をすることになりました。
家の中の玄関の手すりやトイレの手すりは専門業者に付けてもらいましたが、通り道の段差のステップや、外のコンクリート製の階段の手すりは自分でつけることにしました。
下の写真が通り道の段差用のステップです。段差が高いので、2段のステップになりました。
mokko_2_140330.jpg

2x4材を3本をベースにして、それに90度クロスするように、下の段は8枚、上の段は4枚の 1x4材をコーススレッドで打ってあります。

外のコンクリート製の階段の手すりです。ブロックで作ってあるので、ブロックを挟み込んで 2x4材を立てられる金具がホームジョイ本田に売っていたので、買ってきて使いました。
mokko_1_140330.jpg

どうですか?斬新な形でしょう?斜めよりも手すりも階段状になっていたほうが、使いやすいし作りやすいと思います。
右手は杖で、左手で掴みます。掴む方の手すりは登りよりも下りのほうが50mm高くしてあります。この方が使いやすいです。
  1. 2014年03月30日 04:22 |
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

段差を解消するためのステップの作製

家の親父が骨粗鬆症で入院してまして、介護認定も降りました。病院から帰ってくるのに家の段差の解消や手すりの設置をしなければならないとのことでした。玄関などの段差の解消はステップを作製すれば良いので、私にも出来ます。
というわけでステップの作製をしています。まずは玄関のステップを作りました。
step_1_140317.jpg

板はスライドのこぎりで切っています。こうすると、直角に切れますよ。直角が出ているのが、何より大事です。
step_2_140317.jpg

家は以前、製麺所をやってまして、うどん製造用の工場があります。そこを通る必要があるので、段差が多いのです。それで、まだまだステップを作ります。今作っているのは、幅900mm x 奥行き710mm x 高さ110mm のステップです。この上にもう1段載せる予定です。
step_3_140317.jpg

使用している材料は、下の足の部分が 2x4材で、上に張っている板が 1x4材です。どちらもグランステージで購入しました。1x4材が6フィートで198円、2x4材が同じく6フィートで298円で安いですよ。
  1. 2014年03月16日 22:27 |
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テーブル作り2

テーブル作り”の続きです。

今日は天気が良いので、アクリルニスを塗りました。足は丸棒でボルト付きなので、仮止めして塗っています。
Table_5_131027.jpg

Table_6_131027.jpg

天板です。後2回ほど塗りたいと思います。
Table_7_131027.jpg

乾いたら、240番程度の紙やすりでこすってから、もう一度塗ります。
  1. 2013年10月27日 18:08 |
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テーブル作り

親からテーブル作りを請け負って、テーブルを作っています。

板厚25mmの赤松合板が残っていたので、それを使って天板を作っています。幅は400mm だったのですが、500mmは欲しいということで、余っていた板を2枚くっつけました。1枚板の方が良かったんですが、2枚の短い板しか残ってなかったんです。残念。。。
Table_1_131020.jpg

昨日、板をはいだ(貼り付けた)ので、今日クランプを外しました。
Table_2_131020.jpg

板の両面を120番の紙やすりで磨いてから、240番の紙やすりで仕上げました。トリマで板の縁も綺麗に丸めました。上の写真との板の縁の違いがわかりますか?
Table_3_131020.jpg

裏面の仕上げです。
Table_4_131020.jpg

次は塗装なのですが、今日は雨が降っているので、塗装は止めました。

次の工程は、アクリルニス塗装です。大体、3度塗り位します。それから、足の金具を天板に取り付けて丸棒の足(60Φ x 700mm)を取り付けます。丸棒の足は既成品でもうボルトが埋め込まれています。それを天板に付けた金具にねじこみます。足を適当な長さに切って出来上がりです。
  1. 2013年10月20日 10:59 |
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土間用テーブルの作製

ちょっと前に作ったのですが、奥さんの実家から土間用テーブルの作製を依頼されて作ったので、写真を載せておこうと思います。
table_130604.jpg

上の写真のように片方の2本の足を上がり框にかけて、もう片方の2本の足は土間に置いて使います。
テーブルは、赤松の厚さ25mm、幅400mm の板を100mm 切って、2枚はいで600mm四方の正方形 の天板にしてあります。
足は丸棒です。グランステージつくばでネジ付きの丸棒足が売っていたので、それを切って使っています。テーブルにはネジが切ってある金具が付いていて、そこに足をねじ込みます。
テーブルのの裏側には、2本の1x4材を補強として取り付けてあります。
テーブルの塗装は、アクリルニス仕上げで3度塗りです。
テーブルの縁取りはトリマーで面取りしました。
  1. 2013年06月04日 06:11 |
  2. 木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»