FC2カウンター FPGAの部屋 2017年03月21日

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vivado HLS で生成した AXI4 Master DMA IP を使用したカメラ画像表示システム4(ILAコアの挿入2)

Vivado HLS で生成した AXI4 Master DMA IP を使用したカメラ画像表示システム3(ILAコアの挿入)”の続き。

DMA_Read_addr_0 の m_axi_in_r と outs は波形が出ていて動作しているようだった。よって今回は、AXI4-Stream 版のビットマップ・ディスプレイ・コントローラの内部信号をVivado Analyzer で確認してみよう。

Flow Navigator -> Synthesis -> Open Synthesized Design をクリックして、Synthesized Design を開く。

Tools -> Set Up Debug... を選択する。
DMA_Read_IP_56_170320.png

Set Up Debug ダイアログが開いた。
DMA_Read_IP_57_170320.png

Nets to Debug でFind Nets to Add... をクリックする。
DMA_Read_IP_58_170320.png

Find Nets で、h_count を検索してみた。
DMA_Read_IP_59_170320.png

Add Nets to Debug で信号を選択する。
DMA_Read_IP_60_170320.png

観察する信号を示す。
DMA_Read_IP_61_170320.png

次は、ILA Core Options を設定する。
DMA_Read_IP_62_170320.png

Set Up Debug Summary が表示された。
DMA_Read_IP_63_170320.png

Debug 画面が表示された。
DMA_Read_IP_64_170320.png

cam_disp_axis.xdc の制約ファイルに挿入したu_ila_0 の制約が追加された。
DMA_Read_IP_65_170320.png

インプリメント、ビットストリームの生成を行った。結果を示す。
DMA_Read_IP_66_170320.png

SDK でXilinx Tools -> Program FPGA を選択して、ビットストリームをZynq にダウンロードした。
SDK で、Hello_World を起動して、PL にクロックを供給した。
Flow Navigator -> Program and Debug -> Open Hardware Manager -> Auto Connect を選択した。
Hardware Manager が起動した。
Dashboard Optionsを開いて、hw_ila_2, hw_ila_3 のすべてにチェックを入れた。
DMA_Read_IP_67_170320.png

hw_ila_1 のトリガをかけた。AXI4 バス。
DMA_Read_IP_68_170320.png

hw_ila_2 のトリガをかけた。ビットマップ・ディスプレイ・コントローラのclk_disp ドメイン。
DMA_Read_IP_69_170320.png

hw_ila_3 のトリガをかけた。ビットマップ・ディスプレイ・コントローラの clk_axi ドメイン。
DMA_Read_IP_70_170320.png

SDK で cam_disp_hls.elf をRun した。
hw_ila_3 の波形を示す。diap_mode_ena が 1 にならない。しかも init_done_d1 が上がったときに、u_ila_1_war_data_count_1[7:0] が 00 ではなかった。となると、ビットマップ・ディスプレイ・コントローラを活かすのが遅いことが考えられる。
DMA_Read_IP_71_170320.png

cam_disp_hls.c のアプリケーションソフトで、DMA_read_addr の起動の後で、ビットマップ・ディスプレイ・コントローラを活かしていたのだが、これでは、ビットマップ・ディスプレイ・コントローラを活かすのが遅い。ビットマップ・ディスプレイ・コントローラを生かす記述(ピンクの四角)を DMA_read_addr の起動(青の四角)の前に持ってきた。
DMA_Read_IP_72_170320.png

これでうまくDMA Read の波形が出力された。
DMA_Read_IP_73_170320.png

画像も表示された。
DMA_Read_IP_87_170320.jpg

DMA Read とDMA Write が両方表示されている波形を示す。
DMA_Read_IP_74_170320.png
DMA_Read_IP_75_170320.png
  1. 2017年03月21日 04:08 |
  2. ZYBO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0