FC2カウンター FPGAの部屋 2017年09月14日

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

dmar4resize_gray, resize_gray, straight_conv_nn2_axis2 をVivado HLS 2017.2 で IP化

今まで作ってきたIP のdmar4resize_gray, resize_gray, straight_conv_nn2_axis2 は今まで、Vivado HLS 2016.4 を使用してきたが、Vivado HLS 2017.2 で IP化しようと思う。やはり、ZYBOのシステムはVivado 2017.2 で構築するので、その方が良いだろうと思う。

まずは、dmar4resize_gray から、まずはC コードの合成を行った。
wlt_cnn_157_170914.png
wlt_cnn_158_170914.png
問題なさそうだ。

Export RTL を行った。
wlt_cnn_159_170914.png


resize_gray、C コードの合成を行った。
wlt_cnn_160_170914.png
wlt_cnn_161_170914.png

Export RTL を行った。
wlt_cnn_162_170914.png


straight_conv_nn2_axis2、C コードの合成を行った。
wlt_cnn_163_170914.png
wlt_cnn_164_170914.png

Export RTL を行った。
wlt_cnn_165_170914.png

これで、dmar4resize_gray, resize_gray, straight_conv_nn2_axis2 のVivado HLS 2017.2 のIP ができたので、ZYBO のシステムに載せてシステムを構築することができるようになった。
  1. 2017年09月14日 05:17 |
  2. DNN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0