FC2カウンター FPGAの部屋 Notepad++のセッションの利用法

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Notepad++のセッションの利用法

Notepad++でHDLファイルをいじっていると、このプロジェクト(プロジェクトA)を編集しているのだけど、ちょっとこっちのプロジェクト(プロジェクトB)を編集したいというときがある。その場合に、数多くのプロジェクトAのファイルの中にプロジェクトBのファイルがちょこっと混じっていると、どうも見にくいし、ミスる可能性が増える。
そのような場合にはNotepad++ のセッション機能を使うと良いと思う。
さて、それじゃ使ってみよう。2つのVHDLファイルが開いている状態で、ファイルメニューから”セッションを保存”を選択。
Notepad++_Session_1_091218.png

保存ダイアログが開くので、idram.sessoin と名前をつけてセッションを保存する。
Notepad++_Session_2_091218.png

これでセッションが保存できた。
例えば、他のプロジェクトを編集しいて、今、保存したセッションを読み込むには、
1. ファイルメニューから”すべて閉じる”を選択して、全部ファイルを閉じる。
2. ファイルメニューから”セッションを読み込む”を選択する。
3. ダイアログからidram.session を選択して開くボタンを押すと、さっきのファイル構成が再現される。

色々なセッションを作れば、そのプロジェクトのファイルだけを手軽に編集することができるだろう。
  1. 2009年12月19日 00:01 |
  2. EDAツールについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/1324-2865a141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)