FC2カウンター FPGAの部屋 Spartan-3A Starter Kitによる画像演奏装置3(手で演奏モード)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Spartan-3A Starter Kitによる画像演奏装置3(手で演奏モード)

”Spartan-3A Starter Kitによる画像演奏装置2(MTM06出品)”で手で演奏するモード(モード3)で演奏している動画を取ったので、貼っておく。自分で、やりながら自分自身を取ったので、自分の指が入ってしまったが、ご愛嬌ということで、よろしくお願いしたい。また、場所が良く解らなくてやっているので、ミスっている。


画像には、下の図のように白い枠線が出ていて、ここに手をかざすとそれぞれの音階の音がでる。とりあえず、手のパラメータと蛍光オレンジポップタグのパラメータを両方できるようにした。今回の動画は、手入力モードになっている。
MTM06_2_101113.jpg

まだ、スレッショルドが低いかもしれない。鳴り止まない時がある。パラメータを変更する必要があるかも?2日で作ったので、簡易的な方式でやっているが、もうちょっと本格的な方式でやってみようか?と思った。しかし、本番は明るい場所だと思うので、これでも大丈夫だと思う。
AGCとオートホワイトバランスの関係で、真っ黒な背景、服では手が明るすぎてしまい(白飛びすると)、うまく入力できないこともある。AGCやオートホワイトバランスを禁止したほうが良いかもしれないが、遊びなので、とりあえずこのまま行くことにする。

#初日にうまくいかない場合は、2日目にはパラメータを変更しよう。。。
  1. 2010年11月16日 12:16 |
  2. Make出展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/1641-3160158e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)