FC2カウンター FPGAの部屋 DE0でuClinux 1(uClinxとツールチェーンのダウンロード)

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

DE0でuClinux 1(uClinxとツールチェーンのダウンロード)

FPGAボードで学ぶ組み込みシステム開発入門[Altera編]”の”9-1 uClinuxと開発環境の構築”今回はDE0でuClinuxをやってみることにした。
VirtualBox上にUbuntu11.10をインストールして、その上でnios2のuClinuxのビルドやツールを使うことにした.
なお、今回はUbuntu 11.10のブラウザ上でブログを書いている。

1。本の296ページのコンパイルに必要なツールのアップデートとインストールから行った。Ubuntu11.10のSynapticパッケージマネージャを起動して、本に書いてあるgit-coreなどのツールをインストールした。
nois2_uClinux_1_111121.png

2。本の297ページのuClinuxディストリビューションのダウンロードを行ったが、エラーになった。wgetのコマンド中のファイル名の2009の後に0が抜けていた。
nois2_uClinux_2_111121.png

3。もう一度コマンドを実行して”nios2-linux-20090730.tar.1”として保存できた。これには74分32秒かかった。
nois2_uClinux_3_111121.png

4。”nios2-linux-20090730.tar”を削除して、”nios2-linux-20090730.tar.1”を”nios2-linux-20090730.tar”に変更した。
nois2_uClinux_4_111121.png

5。tarコマンドで解凍した。
nois2_uClinux_5_111121.png

6。nios2-linuxディレクトリに入って、チェックアウトコマンドを実行した。
nois2_uClinux_6_111121.png

7.ディレクトリを上に上がって、ツールチェーンのダウンロードを行った。1度、wgetを実行したが96%で停止したので、やり直した。

8.ツールチェーンの解凍と移動を行った。解凍はうまくいったが、mvするところで、/optディレクトリがあると言われてエラーになった./optディレクトリを見ると、VBoxGuestAdditions-4.1.6やor1用のディレクトリがあったので、ホームディレクトリのoptの下のnois2だけ/optディレクトリの下に移動した。
nois2_uClinux_7_111121.png

9。上に上がって、optディレクトリを削除した.

rm -r opt



10。/opt/nios2/binにパスを通した。exportコマンドも実行したが、.bashrcにexportコマンドを追加した。
nois2_uClinux_8_111121.png

  1. 2011年11月22日 05:14 |
  2. FPGAボードで学ぶ組込みシステム開発入門[Altera偏]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/1976-b15b1878
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)