FC2カウンター FPGAの部屋 スパルタン3EスターターキットのLCD表示回路2
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

スパルタン3EスターターキットのLCD表示回路2

スパルタン3EスターターキットのLCD表示回路2で、PicoBlazeの入出力ポートの仕様だ。自分の覚書のようなものなので読みずらいかもしれない。
PicoBlazeは初期化とLCDに書き込む8ビットのデータを扱う。 LCD書き込み回路にPicoBlazeから与えられるデータは初期化時には4ビットのデータもあるが、通常は8ビットのキャラクタコードである。 PicoBlazeからはLCD_RS, LCD_RWなどの制御信号も出力される。またインターバルタイマの値を設定して、タイムアウトしたかどうかのフラグを読みことができる。
LCDからのデータ読み出しの時は一旦データをラッチしてからINPUT命令でPicoBlazeに読み込む。

PicoBlazeの出力ポート仕様


  • ポート番号0 : LCD_RWの値(bit0), LCD_RSの値(bit1), 4bit access(bit2), それ以上のビットは空き

  • ポート番号1 : 書き込みデータ8ビット。(キャラクタ)読み出しの場合もダミーデータをここに書く。

  • ポート番号2 : インターバルタイマー設定値8ビット。50MHzクロックをあらかじめ12ビットのカウンタで分周しているので、1を設定すると82usカウントする。


PicoBlazeの入力ポート仕様


  • ポート番号0 : LCDから読み出したデータ8ビット

  • ポート番号1 : インターバルタイマー・タイムアウトフラグ(bit0), LCD操作ステートマシン終了信号(bit1), それ以上は空き

  • ポート番号2 : 外から入力されたデータを読むポート、upper_4hex_data(15 downto 8)

  • ポート番号3 : 外から入力されたデータを読むポート、upper_4hex_data(7 downto 0)

  • ポート番号4 : 外から入力されたデータを読むポート、lower_4hex_data(15 downto 8)

  • ポート番号5 : 外から入力されたデータを読むポート、lower_4hex_data(7 downto 0)

  1. 2006年05月01日 05:49 |
  2. Spartan3E Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/209-98352403
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)