FC2カウンター FPGAの部屋 PlanAhead14.1のExampleのBFT Core を試してみた4(Program and Debug編)

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

PlanAhead14.1のExampleのBFT Core を試してみた4(Program and Debug編)

PlanAhead14.1のExampleのBFT Core を試してみた3(Implementation編)”の続き。

今回は、PlanAhead14.1プロジェクト最後のProgram and Debug をやってみた。FPGAボードが無いので、Generate Bitstream で終了なのが残念だ。

・Program and Debug -> Generate Bitstream をクリックした。ビットファイルが生成された。
PlanAhead141_50_120514.png

成功したら、ChipScope Analyzer とiMPACT がハイドされた状態から選択できるようになった。残念ながら、FPGAボードが無いので、ここで終了となる。
右のウインドウを見るとわかるが、インプリメント後の動作周波数は198.452Mhz となった。
かなり使いやすくなっていると思う。これでXPSを入れてインプリメント出来て、テストベンチファイルを作る時にテンプレートを挿入してくれれば、全面的にPlanAhead プロジェクトに乗り換えたいと思う。
  1. 2012年05月14日 20:35 |
  2. PlanAheadについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/2144-6ffd10dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)