FC2カウンター FPGAの部屋 Zynq-7000(ZC702)のLinuxチュートリアル1(Slave Boot Method)

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Zynq-7000(ZC702)のLinuxチュートリアル1(Slave Boot Method)

、”Zynq-7000 EPP Concepts, Tools, and Techniques A Hands-On Guide to Effective Embedded System Design UG873 (v14.1) May 31, 2012”の37ページ、”5.2.3 Take a Test Drive! Linux Booting Using JTAG Mode”をやってみる。

・J27,J28をSDコネクタ側で無い方に、それ以外のジャンパーピンをSDコネクタ側にした。

・ホストPCとイーサネットケーブルを接続した。

・ダウンロードケーブルを接続。今まで通りにDigilent社のコンフィグ回路にマイクロUSBケーブルを接続。

・USBシリアルコネクタJ17にミニUSBケーブルを挿して、ホストPCのUSBへ接続。

・J310はショートしてあったので、J30を基板の端に近い方に挿し換えた。(以前は逆側だった)

・ZC702ボードの電源をONした。

・Tera Termを立ちあげて、115200bpsでZC702ボードのUSB-シリアルに接続した。

・SDKを立ちあげて、Zynq-7000(ZC702)のチュートリアル2のワークスペースを指定して立ち上げる。
ZC702_Linux_1_120710.png

・ビットファイルをダウンロードする。SDKのXilinx Tools メニューからProgram FPGAを選択した。Programボタンをクリックした。
ZC702_Linux_2_120710.png

・SDKのXilinx Tools メニューからXMD console を選択した。

・XMDプロンプトにconnect arm hw を入力し、ZynqのPSのCPUに接続する。
ZC702_Linux_3_120710.png

・ARMにコネクトされた。
ZC702_Linux_4_120710.png

・XMDプロンプトに、source K:/HDL/FndtnISEWork/Zynq-7000/ZC702/ZC702_example2/ZC702_example2.sdk/SDK/SDK_Export/system_hw_platform/ps7_init.tcl を入力した。

・XMDプロンプトに、ps7_init を入力した。PSセクションを初期化。Clock PLL、MIO、DDRコントローラを初期化。
ZC702_Linux_5_120710.png

・XMDプロンプトに、dow K:/HDL/FndtnISEWork/Zynq-7000/ZC702/ug873_design_files/u-boot.elf を入力した。
ZC702_Linux_6_120710.png

・XMDプロンプトに、con を入力した。
ZC702_Linux_7_120710.png

・Teraterm を表示して、Enterキー(なんでも良いらしいが)を10秒以内に押す。
ZC702_Linux_8_120710.png

・U-Bootのautoboot を停止して、プロンプトが出た。

・XMDで、stop を入力した。

・XMDで、dow -data K:/HDL/FndtnISEWork/Zynq-7000/ZC702/ug873_design_files/zImage 0x8000 を入力した。
ZC702_Linux_9_120710.png

・XMDで、dow -data K:/HDL/FndtnISEWork/Zynq-7000/ZC702/ug873_design_files/ramdisk8M.image.gz 0x800000 を入力した。
ZC702_Linux_10_120710.png

・XMDで、dow -data K:/HDL/FndtnISEWork/Zynq-7000/ZC702/ug873_design_files/devicetree.dtb 0x1000000 を入力した。
ZC702_Linux_11_120710.png

・XMDで、con を入力して、U-Bootを起動する。

・TeraTermのU-Bootのプロンプトから、go 0x8000 を入力した。

・Uncompressing Linux... done, booting the kernel.のまま止まってしまう。
ZC702_Linux_12_120711.png

もう一度、Zynq-7000(ZC702)のチュートリアル1のワークスペースを指定してやってみようと思う。
やってみたが同様にUncompressing Linux... done, booting the kernel.のまま止まってしまう。
ZC702ボードはRev BだったがチュートリアルはRev C用なのが問題なのか?
付属のSDカードに入っているLinuxの関連ファイルをコピーしてやってみようと思う。

(追加)
付属のSDカードからブートしたらZynqのLinuxがブートしました。
ZC702_Linux_13_120711.png

Zynq-7000(ZC702)のLinuxチュートリアル2(Master Boot Method、SDカード)”に続く。

  1. 2012年07月10日 05:54 |
  2. Zynq
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

山猿です。 なかなか、苦労されてますね。動き始めたら、見に行こうかな。
  1. 2012/07/11(水) 23:01:49 |
  2. URL |
  3. 山猿 #L8qX7C.g
  4. [ 編集 ]

確かに、うまく動かないのがなぞですが、SDカードでLinuxブートしたので、それで手順をやってみます。ぜひ、見にいらしてください。
  1. 2012/07/12(木) 03:28:01 |
  2. URL |
  3. marsee #f1oWVgn2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/2197-15d94e92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)