FC2カウンター FPGAの部屋 ZedBoard用のUbuntu Linuxをビルド9(serviceの停止)

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ZedBoard用のUbuntu Linuxをビルド9(serviceの停止)

ZedBoard用のUbuntu Linuxをビルド8(swap spaceの追加)”の続き。

ZedBoard用のUbuntu Linux のSDカード・イメージを前回で生成することできた。
OpenCVをインストールしてGUIベースで、いろいろとトライしてみようとすると、決定的にメモリが足りないようだ。HD解像度だと相当メモリを食うようで、現在のtopコマンドを実行した結果は、71MB程度しかFreeのメモリがない。そこで、GUIを落とすことにした。Twitter で t3840さんに、”serviceでlightdmをstopさせるのが良さそうですね”と教えてもらったので、GUIを落としてみた。

まずは、起動時に top コマンドを発行した時の表示を下の図に示す。起動時のGUIの解像度はXGAだった。
Ubuntu_build_for_ZedBoard_71_140521.png

348MB程度のメモリが使用中だ。

次に、reboot コマンドでリブートして、HD解像度にした。top コマンドでプロセスの状態を見た図を下に示す。
Ubuntu_build_for_ZedBoard_72_140521.png

393MB程度のメモリが使用中だ。使用メモリは時間とともに増えてしまう。

さて、service を見ていこう。serviceコマンドについては、IT Proのserviceコマンドを参考にした。

まずは、起動している全ての service を見てみる。
service --status-all コマンドで、起動している service を見た。
Ubuntu_build_for_ZedBoard_73_140521.png

lightdm を見つけた。

service lightdm stop コマンドを実行した。

top コマンドを実行したところ、メモリ使用量が230MB程度になった。
Ubuntu_build_for_ZedBoard_74_140521.png

その時のHDMIの出力画像を貼っておく。
Ubuntu_build_for_ZedBoard_75_140521.jpg

ディスプレイの文字が見えるように拡大してみた。
Ubuntu_build_for_ZedBoard_76_140521.jpg

因みに、startx コマンドで再度、GUIが表示された。
  1. 2014年05月21日 05:14 |
  2. Linux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/2821-0d320dca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)