FC2カウンター FPGAの部屋 ZYBO用のEmbedded Linux チュートリアル4(IP追加、インプリメント)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ZYBO用のEmbedded Linux チュートリアル4(IP追加、インプリメント)

ZYBO用のEmbedded Linux チュートリアル3(myLed IPコアの作製2)”の続き。

・myLed IP をブロック・デザインで追加する。

51.Diagramウインドウに空いている所で、右クリックし、右クリックメニューから Add IP... を選択した。
ZYBO_EM_Linux_39_140830.png

52.myと入力すると、myLed_v1.0 が出てくるので、クリックしてからリターン・キーを押した。
ZYBO_EM_Linux_40_140830.png

53.調度良い所に、myLed_v1.0 が挿入された。
ZYBO_EM_Linux_41_140830.png

54.引用しているチュートリアルでは、 Run connection automationが出ているようだが、今回は出ていないので、自力で接続する。myLed_0 の S_AXI ポートを右クリックして、右クリックメニューから Make Connection... を選択した。
ZYBO_EM_Linux_42_140830.png

55.Make Connection ダイアログが表示された。processing_system7_0axi_periph の M00_AXI ポートに接続できるようだ。M00_AXI を選択して、OKボタンをクリックした。
ZYBO_EM_Linux_43_140830.png

56.processing_system7_0axi_periph の M00_AXI ポートから、myLed_0 の S_AXI ポートまで接続された。
ZYBO_EM_Linux_44_140830.png

57.残っている LEDs_4BITs ポートを削除して、s_axi_aclk と s_axi_aresetn を手動で接続した。
ZYBO_EM_Linux_45_140830.png

58.myLed_0 の led[3:0] ポートを右クリックして、右クリックメニューから、Create Port... を選択した。
ZYBO_EM_Linux_46_140830.png

59.Create Port ダイアログが表示された。デフォルトのまま、OKボタンをクリックした。
ZYBO_EM_Linux_47_140830.png

60.led[3:0] ポートが作られ、myLed_0 の led[3:0] ポートと接続された。
ZYBO_EM_Linux_48_140830.png

61.”Embedded Linux® Hands-on Tutorial for the ZYBO をやってみた”さんで、

Address Editor上でmyLed_0はUnmapped slavesのままなので,myled_0を選択してAuto Assign Addressを実行する.

ということなので、Addressタブをクリックして、割り当てられているアドレスを見た。
ZYBO_EM_Linux_49_140830.png

・やはり myLed_0 はアドレスが割り当てられていない。

62.myled_0 を右クリックして、右クリックメニューから Auto Assign Address を選択した。
ZYBO_EM_Linux_50_140830.png

63.myLed_0 は、0x43C30000 番地にマップされた。
ZYBO_EM_Linux_51_140830.png

・本当はブロック・デザインをバリデーションした方が良いが、今回は忘れてしまった。

64.ブロック・デザインをセーブする。

65.Sourcesウインドウで、base.xdc を開く。7行目から11行目の制約が古いポート名になっているので、それを led に変更する。
ZYBO_EM_Linux_55_140830.png

66.置換する leds_4bits_tri_o を選択して、右クリックし、右クリックメニューから Replace in Files... を選択した。
ZYBO_EM_Linux_56_140830.png

67.base.xdc の leds_4bits_tri_o を含んだ行が表示された。Replace All ボタンをクリックした。
ZYBO_EM_Linux_57_140830.png

68.すべて led に置換された。
ZYBO_EM_Linux_58_140830.png

69.base.xdc をセーブした。

70.Generate Bitstream をクリックして、ビットストリームを生成する。
ZYBO_EM_Linux_53_140830.png

71.ダイアログが出て、論理合成とインプリメントをやるかというので、Yesボタンをクリックした。
ZYBO_EM_Linux_53_140830.png

72.論理合成の途中で、2つほど、Critical Message が出たが、OKボタンをクリックした。
ZYBO_EM_Linux_54_140830.png

73.論理合成、インプリメント、ビットストリームの生成が終了した。問題なく成功した。
ZYBO_EM_Linux_59_140830.png

ZYBO_EM_Linux_60_140830.png

ZYBO_EM_Linux_61_140830.png

ZYBO用のEmbedded Linux チュートリアル5(U-Bootのビルド)”に続く。
  1. 2014年08月30日 05:38 |
  2. ZYBO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/2915-b6ef2af2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)