FC2カウンター FPGAの部屋 ZYBO用のEmbedded Linux チュートリアル5(U-Bootのビルド)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ZYBO用のEmbedded Linux チュートリアル5(U-Bootのビルド)

ZYBO用のEmbedded Linux チュートリアル4(IP追加、インプリメント)”の続き。

前回までで、PL部のハードウェアを構築した。今回は、U-Bootをビルドする。

Embedded Linux® Hands-on Tutorial for the ZYBO™”の”2 Compile U-Boot (Optional)”をやってみる。

2.2

・U-bootのソースコードをDigilent社のリポジトリから取得する。ZYBO用のソースコードが入っているのは、Figure 32. Next-repository.だった。

1.次のgit コマンドで、U-BootのソースコードをDigilent社のリポジトリから取得した。
git clone -b master-next https://github.com/DigilentInc/u-boot-Digilent-Dev.git
ZYBO_EM_Linux_62_140830.png

2.cd u-boot-Digilent-Dev コマンドで、u-boot-Digilent-Dev ディレクトリに入る。

3.ZYBO用のコンフィギュレーションを行う。チュートリアルはZYBOが大文字だが、小文字でないと通らない。
make CROSS_COMPILE=arm-xilinx-linux-gnueabi- zynq_zybo_config
ZYBO_EM_Linux_63_140830.png

4.U-Bootのビルドを行う。
make CROSS_COMPILE=arm-xilinx-linux-gnueabi-
ZYBO_EM_Linux_64_140830.png

5.u-boot ができた。成功。
ZYBO_EM_Linux_65_140830.png

6.u-boot を Windows7 のZ:\ZYBO_BS_emlx\sd_image フォルダに、u-boot をコピーして、u-boot.elf に名前を変更した。
ZYBO_EM_Linux_66_140831.png

ZYBO用のEmbedded Linux チュートリアル6(BOOT.bin の生成)”に続く。
  1. 2014年08月31日 04:47 |
  2. ZYBO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/2916-a5c93af9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)