FC2カウンター FPGAの部屋 ZYBO用の Linaro Ubuntu のバージョンを 12.11 から14.04 LTS にアップグレード

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ZYBO用の Linaro Ubuntu のバージョンを 12.11 から14.04 LTS にアップグレード

ZYBO用のEmbedded Linux をブートするSDカードの作り方”で、ZYBO用の Linaro Ubuntu 12.11を起動することができた。

今回は、Linnaro Ubuntu のバージョンを 12.11 から 14.04 LTS にアップグレードした。(apt-get がエラーになってしまったので、やらないほうが良さそうです。)

・前回から表示されているが、do-release-upgrade コマンドを実行した。
ZYBO_EM_Linux_150_140916.png

・Package Configuration 画面が開いた。右向き矢印キーを押して を選択してからエンター・キーを押した。(値はデフォルト)
ZYBO_EM_Linux_147_140916.png

・これは、デフォルトで が選択されていたと思うので、エンター・キーだけ押したと思う。
ZYBO_EM_Linux_148_140916.png

・デフォルトが Don't touch Keymap だったので、そのままにして、右向き矢印キーを押して を選択してからエンター・キーを押した。
ZYBO_EM_Linux_149_140916.png

・/etc/legal の Configuration が出てきたが、Y を押して、リターンキーを押した。
ZYBO_EM_Linux_151_140916.png

・エラーが起こったアプリケーションが表示されたが、アップグレードは完了した。エンター・キーを押した。
ZYBO_EM_Linux_152_140916.png

・もう一度、起動すると、Ubuntu 14.04 LTS が表示された。アップグレード成功だ。
ZYBO_EM_Linux_153_140916.png

・その後、apt-get -f upgrade しておいたほうが良いようです。

apt-get insatll vim でエラーが出るので、12.11 のままの方が良さそうです。わたしも元に戻します。

(2014/09/18:追記)
Ubuntu 12.11 に戻しました。
戻す際に、SDFormatter でSDカードをフォーマットするときには、オプション設定で消去設定を上書きフォーマット、論理サイズ調整をONとしました。
apt-get update
apt-get upgrade
apt-get install vim

を実行した後の/dev/root は、use = 23% でした。
ZYBO_EM_Linux_154_140918.png

ZYBO用の Linaro Ubuntu のバージョンを 12.11 から14.04 LTS にアップグレード2”に続く。
  1. 2014年09月17日 03:30 |
  2. ZYBO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/2930-372e4fa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)