FC2カウンター FPGAの部屋 Lenovo G560 のキーボード交換をしました

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Lenovo G560 のキーボード交換をしました

家の奥さんが Lenovo G560 というノートパソコンを使っているのですが、キーボードが壊れちゃいました。具体的に言うとTABキーのキートップが外れちゃって、はまりません。
この機種はキーボードが壊れやすいらしく、アマゾンでも複数売っています
これが今付いているキーボードですが高いのでLenovo G560 G565A G560L Z560 G570 用日本語キーボード 25011296 G565-JP MP-10F30J0-686 を購入しました。

Lenovo G560 のキーボード交換について参考にした記事は”Lenovo G560のキーボード交換”です。参考にした動画は”LENOVO G560 キーボード外し”です。記事は全般に渡って参照して作業しました。動画は、記事では分からなかったキーボードの外し方を参照しました。ネジを外して、精密ドライバーのマイナスをキーボードの上側の爪の部分に差し込むと簡単にキーボードが外れました。

最初の行程で、Lenovo G560 を裏返しにして、ピンク矢印のネジを外しました。
Lenovo_G560_1_150517.jpg

裏蓋のネジを取って裏蓋を外しました。裏蓋の真ん中の2本のネジは外れましたが、裏蓋の他のネジは取れません。
Lenovo_G560_2_150517.jpg

FANの脇のネジを外しました。
Lenovo_G560_3_150517.jpg

Lenovo G560 をひっくり返して、精密ドライバーのマイナスをキーボードの上側の爪の部分に差し込むと簡単にキーボードが外れました。
Lenovo_G560_4_150517.jpg

キーボードのフレキシブル基板が入っているコネクタは参照動画のタイプではなく、参照記事のタイプでした。茶色い部分を精密ドライバーのマイナスで上にずらすとキーボードのフレキシブル基板が外れました。
Lenovo_G560_5_150517.jpg

キーボードが外れた状態です。
Lenovo_G560_6_150517.jpg

購入したキーボードのフレキシブル基板をコネクタに入れて、茶色の部分を慎重におろしました。その際に、キーボードのフレキシブル基板が斜めになっていないかを確認します。

キーボードをはめ込んでいくとキーボードが装着されます。
ネジや裏蓋を戻すと完成です。
Lenovo_G560_7_150517.jpg

キーボードの配列は元から付いていたものと違いますが、こっちのキー配列の方が打ちやすいです。私が触ったキーはすべて問題なく使えました。交換できてとっても良かったです。
  1. 2015年05月17日 04:53 |
  2. パソコン関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

おかげさまで参考になりました。
ありがとこいざいます。
  1. 2015/08/17(月) 17:22:29 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

大変参考になりました。ありがとうございます。
  1. 2015/08/29(土) 22:43:15 |
  2. URL |
  3. びろ #-
  4. [ 編集 ]

参考になりました。
有益な情報を掲載いただきありがとうございます。
当方のG560はctrl+cが効かない症状で、起動時にBIOS画面が
毎回表示されてましたが、キーボード交換で無事に解決しました。
  1. 2015/12/31(木) 12:42:45 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/3155-453db408
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)