FC2カウンター FPGAの部屋 古い実家を壊しました

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

古い実家を壊しました

今日はFPGAの話題からちょっと離れて、長年住んだ古い実家を壊したというお話です。

古い実家は私が生まれる前から、現在の場所に移築してきた建物で、土壁でトタン屋根の古い建物です。もう建築後、70年以上は経っているのじゃないでしょうか?
その実家を修繕してもしようがないので、私の親が壊そうということで壊してもらうことにしました。見積を取ると、昔の家を壊す価格の1.7倍くらいらしいです。昔は、一気に家を機械で壊して全部持っていったのですが、今は分別回収するとのことです。

早速、先週、家を壊してもらいました。

さて、これが壊す前の外観です。
IMG_20150524_113051.jpg

IMG_20150524_113040.jpg

1日目です。障子やアルミサッシを取り外して幕を取り付けました。
IMG_20150529_072802.jpg

IMG_20150529_072836.jpg

2日目です。土壁を壊していました。竹で下地が組んでありました。
IMG_20150530_075328.jpg

IMG_20150530_075342.jpg

3日目です。土壁を袋に入れてありました。
IMG_20150531_075551.jpg

IMG_20150531_075657.jpg

4日目です。重機で家の半分以上が解体されていました。
IMG_20150602_072038.jpg

IMG_20150602_072055.jpg

5日目です。家が完全に全部バラバラになっていました。
IMG_20150602_185954.jpg

6日目です。バラバラになった材木が綺麗に回収されていました。
IMG_20150604_182529.jpg

IMG_20150604_182604.jpg

7日目で完全に家が壊されて更地になりました。
IMG_20150606_172722.jpg

思い出が詰まった家が壊されるのは残念ですが、維持するにも費用がかかります。古いものは壊して行くしか無いですね。
  1. 2015年06月09日 05:05 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/3176-e5bc28a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)