FC2カウンター FPGAの部屋 SDSoC 2015.2 のZYBO用サンプルデザインをやってみる1(File IO Video Processing)

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

SDSoC 2015.2 のZYBO用サンプルデザインをやってみる1(File IO Video Processing)

今までやってきた SDSoC のチュートリアルは ZC702 ボード用なので、ZC702 ボードを持っていない私には実機動作ができない。
今回はZYBO用のサンプルデザインをやって、ZYBOで実機動作させてみようと思う。

SDSoC 2015.2 を立ち上げるとワークスペースを聞いてくる。D:\SDSoC\Examples\ZYBOをワークスペースのフォルダとして指定した。

SDSoC 2015.2 が立ち上がった。
Create SDSoC Project をクリックした。
SDSoC_2_150726.png

Target の Platform を zybo にして、OSはデフォルトで Linux が選択されていた。Next > ボタンをクリックした。
SDSoC_50_150801.png

Available Templates から File IO Video Processing を選択して、Finish ボタンをクリックした。
SDSoC_51_150801.png

左端の Project Explorer タブで、Example1 を右クリックし、右クリックメニューから Build Project を選択して、ビルドを行った。SDDebug だった。
SDSoC_52_150801.png

D:\SDSoC\Examples\ZYBO\Example1\SDDebug\sd_card の下のファイルを SDカードにコピーした。
SDSoC_53_150801.png

ZYBO のブートデバイスを SDカードにして電源を投入すると、Linuxが立ち上がって、Tera Termからコマンドプロンプトが見えた。設定は115200 bps, 8 bit, 1 stop bit だった。

/mnt/Example1.elf でソフトウェアを起動してみたが、yuv の画像を要求するようだ。
SDSoC_56_150801.png

ifconfig すると Ether も立ち上がっていたので、もう1つTera Termを立ちあげて、振られたIPに入ってみたらログインできた。IDは root, Passも root だった。
SDSoC_57_150801.png

Linux起動環境が自動的に構築されて、アプリケーションの起動環境も整えてくれるようだ。
  1. 2015年08月01日 05:11 |
  2. SDSoC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/3217-190f1aad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)