FC2カウンター FPGAの部屋 水信玄餅を作って食べました

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

水信玄餅を作って食べました

ある方のFaceBook で見た水信玄餅がとっても美味しそうだったので、通販で買おうとしたところ売っていないことが判明した。それじゃ自分で作ろうということで、レシピを探すと”ぶるるん水信玄餅★材料2つマフィン型”を発見しました。
作り方は簡単そうだったが、アガーって何?ということになった。アガーは寒天と同じように固める材料ということが分かった。
アガーを買いにスーパーに行ったが、スーパーには売っていなかった。それじゃ通販だということで、富澤商店の通販でぷるるんアガーを2袋購入しました。
更に、レシピに書いてあった”貝印 マフィン型 6個取り DL-5580”も購入したのですが、説明書をよく見てみると水菓子とか作るにに使うなと書いてありました。orz でも使っちゃいました。なんで使ったらダメなんだろう?

これで材料が揃ったので、とりあえず黒蜜から制作しました。”簡単おいし~黒蜜の作り方”があったので、その通りに作りましたが、煮詰める時間は8分じゃなくて、12~13分くらいでした。とろっとしてなかったからです。それでも少し水っぽいからな?と思いましたが、冷やすと、とろみが出るんですね?

まずは、砂糖と黒砂糖と水を鍋に入れて、溶かしながら煮ました。
mizushingenmochi_1_150906.jpg

だいたい溶けた所。
mizushingenmochi_2_150906.jpg

だいぶ煮詰まりました。この辺で終了。
mizushingenmochi_3_150906.jpg

次にいよいよ水信玄餅を作ります。
水とアガーだけです。最初は水、450cc に対して、アガー 14 g でしたが、これだと結構ゆるいので、2回目は 16 g 入れました。こっちのほうが好みです。

アガーをキッチン秤で計量します。
mizushingenmochi_8_150906.jpg

水を沸騰させて、アガーを投入した所。
mizushingenmochi_4_150906.jpg

アガーが白くなって焦りましたが、泡立て器でよくかき混ぜると溶けていきました。全部溶けきったら完成。
mizushingenmochi_5_150906.jpg

型に流し込みました。
mizushingenmochi_6_150906.jpg

冷めたら、冷蔵庫に入れました。2時間から3時間入れると完成です。
器にとって、黒蜜ときなこをかけました。
mizushingenmochi_7_150906.jpg

凄く美味しかったです。また作ろっと。。。
  1. 2015年09月06日 20:44 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/3244-345a97fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)