FC2カウンター FPGAの部屋 Vivado や Vivado HLS が Visual Studio 2012 Visual C++ Runtimeのインストールダイアログが出て起動できない

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vivado や Vivado HLS が Visual Studio 2012 Visual C++ Runtimeのインストールダイアログが出て起動できない

Vivado 2014.4 WebPACK と Vivado HLS 2014.4 1年間評価版がインストールしてあるノートパソコンが、Vivado や Vivado HLS を起動しても、 Visual Studio 2012 Visual C++ Runtime のインストールダイアログが出て起動できなくなりました。

Xilinx Forum を調べると、ちょうど”Vivado/Xilinx SDK Error Incorrect Visual C++ Version”の状況です。

解決策は2ページ目の”Re: Vivado/Xilinx SDK Error Incorrect Visual C++ Version”で直りました。

コントロールパネルの”プログラムと機能”を見ると、Visual Studio 2012 Visual C++ Runtime がたくさんインストールされていたので、すべて削除して、パソコンをリブートしました。

そのうえで、Windows 8.1 64 ビット版だったので、Xilinx\Vivado\2014.4\tps\win64 フォルダの vcredist_x64.exe を起動して、 Visual Studio 2012 Visual C++ Runtime をインストールしました。
Visual_Studio_2012_1_150925.png

パソコンをリブートしてから Vivado や Vivado HLS を起動すると、動作するようになりました。
  1. 2015年09月25日 14:55 |
  2. Vivado
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/3259-222cd229
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)