FC2カウンター FPGAの部屋 Atlas-SoC のMicro SD カードのÅngström Distribution について

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Atlas-SoC のMicro SD カードのÅngström Distribution について

Atlas-SoC のMicro SD カードでLinux をブートした時のブートメッセージ”を見ると、Atlas-SoC のMicro SD カードのLinux Distribution はÅngström Distribution の様だ。

YOCTO PROJECT COMPATIBLE, 1.7 THIS TIME ということなので、Yocto コンパチのLinux のようだ。

BeagleBoard-xMでAngstrom Linuxを動かす”によると、Angstromのオンラインビルダー・ページがあって、Webページ上で設定していくことによってLinux のシステムイメージをビルドできるということだが、今はWebページが無くなっているようだ。

opkg update
opkg upgrade

をやってみた。(VNC の環境がすでに走っている)
DE0-Nano-SoC_29_151021.png

真ん中のターミナルで opkg upgrade を実行中だ。
終了したらVNC Viewer が落ちてしまった。
シリアルから reboot して、もう一度、VNC Viewer を立ちあげて、DE0-Nano-SoC ボードに接続した。

BeagleBoard-xMでAngstrom Linuxを動かす”を参考にタイムゾーンを UTC から JST に変更した(2015/10/23:追記 JSTに変更するとVNC Viewer で接続した時にネットに繋がらない気がするので、UTCのままの方が良さそうだ)

cd /etc
mv localtime localtime.orig
ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo localtime

DE0-Nano-SoC_30_151021.png
  1. 2015年10月21日 04:05 |
  2. DE0-Nano-SoC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/3284-a68231d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)