FC2カウンター FPGAの部屋 ”Atlas-SoC素晴らしいんじゃないの”をやってみる3

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

”Atlas-SoC素晴らしいんじゃないの”をやってみる3

”Atlas-SoC素晴らしいんじゃないの”をやってみる2”の続き。

Atlas-SoC のイメージを Micro SD カードのWrite して、DE0-Nano-SoC ボードに挿入した。USBをLAN接続するドライバをインストールし、Web ページを表示している。

今回は、Try -> Developing on the Atlas-SoC Board (via SSH or VNC) の VNC をインストールしてみた。
そのページのVNC の Download ボタンをクリックしてTightVNC をダウンロードした。
DE0-Nano-SoC_24_151020.png

TightVNC のWindows 64 ビット版をダウンロードして、インストールした。

TightVNC Viewer を立ちあげて、Remote Host に 192.168.7.1 を指定して Connect した。
DE0-Nano-SoC_25_151020.png

すると、DE0-Nano-SoC ボードで起動しているLinux のディスクトップが見えた。
DE0-Nano-SoC_26_151020.png

Web ブラウザ(Midori)も起動できるし、File Manager も起動することができた。
但し、Midori は日本語フォントが入っていなかった。
DE0-Nano-SoC_27_151020.png

これで、大体、”Atlas-SoC素晴らしいんじゃないの”の内容は終了だ。
  1. 2015年10月21日 04:26 |
  2. DE0-Nano-SoC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/3285-8461d16c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)