FC2カウンター FPGAの部屋 HDMI入力XGA表示回路2(Vivado プロジェクトの作製)

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

HDMI入力XGA表示回路2(Vivado プロジェクトの作製)

HDMI入力XGA表示回路1(構想編)”の続き。

前回はHDMIから入力したSVGA画像をDDR3 SDRAMにバッファして、そこからディスプレイに表示するという構想を示した。今回は、実際にVivado 2015.4 のプロジェクトの作製を行う。

まずは、ZYBO_1_XGA_test というプロジェクトを作製した。
ZYBO_1_XGA_test_1_151213.png

DigilentInc/vivado-library を Download ZIPして、 dvi2rgb_v1_5 に必要な修正を加えた後で、ZYBO_1_XGA_test フォルダにコピーした。(”ZYBOのHDMI入力をVGA出力に出力する9(プロジェクトの公開)”を参照下さい)

ビットマップ・ディスプレイ・コントローラのBMDispCaL をZYBO_1_XGA_test フォルダにコピーした。
ZYBO_1_XGA_test_2_151213.png

コピーした dvi2rgb と ビットマップ・ディスプレイ・コントローラを IP Catalog に追加した。
ZYBO_1_XGA_test_3_151213.png

ZYBO_1_XGA_test ブロックデザインを生成して、回路を構成した。(ZYNQ PSのコンフィギュレーションはZYBOのXMLファイルをインポートした)
ZYBO_1_XGA_test_4_151213.png

ZYBO_1_XGA_test ブロックデザインをセーブした。
ZYBO_1_XGA_test_5_151213.png
  1. 2015年12月13日 07:53 |
  2. ZYBO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/3332-e75f5a2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)