FC2カウンター FPGAの部屋 ガーデンシュレッダーを買いました

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ガーデンシュレッダーを買いました

昨日、柿の木を切って大量の枝を廃棄する必要が出てきました。
紐で縛ると燃えるゴミの日に出せるのですが、何分にも大量です。
garden_shredder_1_151231.jpg

どうしようか?少しずつ燃えるゴミに出そうか?と考えていましたが、ふと、枝の粉砕機を見たことがあるのを思い出して検索してみました。
検索すると、ガーデンシュレッダーという名前であることが分かりました。ガーデンシュレッダーには2種類あって、ギア式とディスクカッター方式があるようです。
ギア式は音が静かで、35mm程度の太い枝まで粉砕可能ですが、粉砕後のウッドチップが大きい様です。庭にウッドチップとして撒くならば、25mm程度の枝まで、騒音が大きいですが、ディスクカッター式のほうが細かくなるようです。

そこで、グランステージつくばに行ったところ、ガーデンシュレッダー EL-007 があったので、買ってきました。約2万円でした。アマゾンの方が安いです。ですが、よ~く説明して頂いて満足して買ってきました。アマゾンの評価は低いですが、今のところ問題無いです。

早速、家に持って帰って組み立てました。
garden_shredder_3_151231.jpg

garden_shredder_4_151231.jpg
後ろには、電源スイッチとブレーカーボタンがあります。

枝を一束やってみると、やはり音はうるさいですね。後、ディスクカッターなので、枝が回って手を弾かれるので、付属の革手袋したほうが手が痛くないです。軍手だと枝に弾かれて痛いです。
garden_shredder_5_151231.jpg

結構太いと思う枝もウッドチップになって、嬉しいです。
こんな感じでウッドチップになりました。細い枝は、短くなってますが、そのままの形で出てきました。これは仕方ないですね。。。
garden_shredder_6_151231.jpg

畑に撒くか、ウッドチップとして庭に撒きたいと思っています。
正月明けに本格的にウッドチップ製造をやってみたいと思っています。
  1. 2015年12月31日 17:59 |
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/3353-546cc4b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)