FC2カウンター FPGAの部屋 FreeCADでDIP ICの3Dモデルを作る1

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

FreeCADでDIP ICの3Dモデルを作る1

FreeCADでDIP ICの3Dモデルを作ってみようと思います。作った3DモデルはPCB Cad のKiCad で3Dモデルとして使えるそうです。(FreeCAD tutorial: creating 3D model for KiCAD、YouTubeです)

最初にFreeCADを立ちあげて、Part Design で XZ 平面に DIP IC の足を書きます。足が曲がっているところの Bend があるので、0.5 mm 短めにしました。
FreeCAD_DIP_IC_1_160120.png

0.29 mm で押し出します。
FreeCAD_DIP_IC_2_160120.png

Steel Metal に変更します。Steel Metal はFreeCAD に標準で入っていないので、登録します。
ベンド(Bend)を作成します”を参考に、IC の足に Bend を作製します。
angle = 90 度、length = 1 mm、radius = 0.2 mm、reliefd = 0.5 mm、relifw = 0.5 mmm
FreeCAD_DIP_IC_3_160120.png

Draft に変更して、Bend を選択して、Array をクリックします。
Interval X = 2.54 mm、Number X = 10 にします。
FreeCAD_DIP_IC_4_160120.png

Array を選択して、右クリックメニューからコピーを指定して、モデル画面の空いているところで右クリックメニューからペーストを選択します。
Arrayp001 ができるので、プロパティビューのプロパティのAngle を 180度、Positon の x を 24.38 mm、y を -7.87 mm に変更します。
FreeCAD_DIP_IC_5_160120.png

IC パッケージを書きましょう。
YZ 平面にスケッチを作製します。下図のパラメータです。
FreeCAD_DIP_IC_6_160120.png

両側の足を表示するとこうなります。
FreeCAD_DIP_IC_7_160120.png

スケッチを押し出すので、パッケージのはじめの部分にスケッチを移動します。
プロパティの Position を x = -0.9425 mm に設定しましょう。
FreeCAD_DIP_IC_8_160120.png

スケッチを閉じて、26.24 mm 押し出します。
FreeCAD_DIP_IC_9_160120.png

これでDIP の外形は完成ですが、全てを一体のソリッドにするために、DIP の足2つ(Array, Array001)とPad 002 をFusion します。
Part に変更して、”複数の形状の和集合を作製”ボタンをクリックするとFusion されます。
FreeCAD_DIP_IC_10_160120.png
  1. 2016年01月20日 11:45 |
  2. CADツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/3372-4ba82700
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)