FC2カウンター FPGAの部屋 LinuxでSDカードをバックアップ、リストア

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

LinuxでSDカードをバックアップ、リストア

ZYBO が2台になったので、現在使用している Linux 環境を移植したいということで、Windows 7 でImager Writer を使用してイメージをバックアップしようとしたがLock Error の Error:5 でイメージをRead することができなかった。
そこで、LinuxでMicro SDカードのイメージをRead しようと思い検索したら、”SDカードを丸ごとバックアップ & リストア on Linux”がヒットした。
そうか、dd コマンドでやれば良いのかということで、早速やってみた。

使用する環境は、VirtualBox 上のUbuntu 14.04 LTS だ。
VirtualBox 上のUbuntu 14.04 LTS にMicro SDカードをマウントする。マウントの仕方は、VirtualBox のデバイスメニューからUSB -> USBのカード リーダー&ライタを選択すれば、自動的にマウントしてくれる。

lsblk で、 USBのカード リーダー&ライタを探すと /dev/sdb がそうだということが分かる。

sudo dd if=/dev/sdb of=ZYBO_Ubuntu1404_160128.dd
を実行した。
SDcardBackup_Linux_1_160129.png

約 42 分位かかって終了した。
カレント・ディレクトリに ZYBO_Ubuntu1404_160128.dd が生成された。
SDcardBackup_Linux_2_160129.png

現在のMicro SDカードを取り出して、新しいMicro SDカードをVirtualBox 上のUbuntu 14.04 LTS にマウントした。

sudo dd if=ZYBO_Ubuntu1404_160128.dd of=/dev/sdb
を実行した。
SDcardBackup_Linux_3_160129.png

書き込みは、4時間23分程度かかった。

VirtualBox 上のUbuntu 14.04 LTS から取り出しして、VirtualBox のデバイスメニューからUSB -> USBのカード リーダー&ライタを選択すると、制御がWindows 7 に戻された。
ZYBO_BOOT ドライブはマウントされずに修復ダイアログが出たので、修復した。

そのMircro SDカードをZYBO に入れたが、u-boot のブートプロンプトで停止していた。

2 つのパーティションのうちのFAT32のZYBO_BOOT ドライブがおかしいようなので、Micro SDカードの ZYBO_BOOT の内容を一旦、削除して、バックアップから再度コピーした。
SDcardBackup_Linux_4_160129.png

もう一度、Mircro SDカードをZYBO に入れて起動すると Linux が起動して、Ubuntu 14.04 LTS が使用できるようになった。

udmabuf デバイス・ドライブを入れて、./cam_disp_vdma を起動するとカメラ画像が表示された。
SDcardBackup_Linux_5_160129.png

これで、Linux でのSDカードのバックアップとリストアを正常に行うことができた。
  1. 2016年01月29日 04:09 |
  2. Linux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/3381-2977ad41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)