FC2カウンター FPGAの部屋 ステレオカメラによる距離測定テスト7(BOOT.bin, devicetree.dtb)

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ステレオカメラによる距離測定テスト7(BOOT.bin, devicetree.dtb)

ステレオカメラによる距離測定テスト6(ステレオカメラのテスト)”の続き。

ベアメタル・アプリケーションでStereo Camera のテストが上手く行ったので、次は、Linux のアプリケーションとして実装したい。ということで、今回はBOOT.bin と devicetree.dtb の作製を行った。

最初にFSBL を作製した。
StereoCamTest_53_160130.png

次に、u-boot.elf を追加して、Boot Image (BOOT.bin) を作製した。
StereoCamTest_54_160130.png

BOOT.bin が作製された。
StereoCamTest_55_160130.png

次に、devicetree.dtb を作る。VirtualBox 上のUbuntu 14.04 LTS 上で作業する。

~/ZYBO/Digilent_Linux_Tutrial/drivers_StereoCamTest ディレクトリ上で作業した。

Vivado and zybo linux勉強会資料3”の zynq-zybo.dts に uio のエントリを追加した。
StereoCamTest_56_160130.png

        caminf_axi_iic@0x41600000 {
            compatible = "generic-uio";
            reg = < 0x41600000 0x10000>;
        };
        caminf_axi_vdma_0@43010000 {
            compatible = "generic-uio";
            reg = < 0x43010000 0x10000 >;
        };
        caminf_axis_switch_0@0x43c10000 {
            compatible = "generic-uio";
            reg = < 0x43c10000 0x10000 >;
        };
        caminf_axis_switch_1@0x43c20000 {
            compatible = "generic-uio";
            reg = < 0x43c20000 0x10000 >;
        };
        caminf_lap_filter_axis_0@0x43c30000 {
            compatible = "generic-uio";
            reg = < 0x43c30000 0x10000>;
        };    
        caminf_mt9d111_inf_axis_0@0x43C40000 {
            compatible = "generic-uio";
            reg = < 0x43C40000 0x10000>;
        };
        bitmap_disp_cntrler_axi_master_0@0x43c00000 {
            compatible = "generic-uio";
            reg = < 0x43c00000 0x10000>;
        };
        dviin_axi_vdma_0@0x43000000 {
            compatible = "generic-uio";
            reg = < 0x43000000 0x10000>;
        };


../scripts/dtc/dtc -I dts -O dtb -o devicetree.dtb zynq-zybo.dts
を実行して、zynq-zybo.dts をコンパイルして、devicetree.dtb を生成した。
StereoCamTest_57_160130.png

ZYBO に挿入するMicroSD カードに、作製したBOOT.bin と devicetree.dtb をコピー&ペーストした。 uEnv.txt と uImage は以前のままとした。
StereoCamTest_58_160130.png

MicroSD カードをZYBO に入れて、SDカード・ブートに設定変更し、電源ONを行った。

Linux が起動して、/sys/devices/amba.0 を見ると、デバイスツリーに書いたデバイスが見えた。成功。。。
StereoCamTest_59_160130.png

/sys/devices/amba.0/41600000.caminf_axi_iic/uio ディレクトリに入って ls すると uio0 になっているのが見えた。デバイスツリーの順番の通りに uio の番号が設定されていた。
StereoCamTest_60_160130.png
  1. 2016年01月30日 20:57 |
  2. ステレオカメラによる画像解析
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/3382-24ea6299
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)