FC2カウンター FPGAの部屋 StereoCamTestプロジェクトのデバック2

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

StereoCamTestプロジェクトのデバック2

StereoCamTestプロジェクトのデバック1”の続き。

前回は、dvi2rgb IP から出ている出力がSVGA だったというのがショックだった。XGA サイズの画像をHDMI で出力しているのだが。。。そのデバックをしてみる。

dvi2rgb IP は私が少し改造して、上手く行った物を使っているはずなのだが、ダウンロードしてきた dvi2rgb IP に戻してみる。その際には、”ZYBOのHDMI入力をVGA出力に出力する3(バグフィックス?)”の簡単な回路でやってみることにした。

最初に、DigilentInc/vivado-library を Download ZIPした。
dvi2lap2vga_49_150920.png

ダウンロードされてきた vivado-library-master.zip を展開して、 dvi2rgg_v1_5 を取り出してプロジェクトの dvi2rgb と入れ替えた。

dvi2rgb IP をダウンロードしたそのままでは、タイミングでエラーが出てしまうので、”Help With A Zybo Video Design”の dvi2rgb.xdc のコードをコピーして、中身を消去した dvi2rgb.xdc に全て貼り付けた。
dvi2lap2vga_53_150920.png

これで、dvi2rgb を再度IP 化した。
BMDC_bugfix_20_160304.png

BMDC_bugfix_21_160304.png

このプロジェクトのビットストリームの生成を行って確かめてみたが、1024 x 768 のXGA 解像度の画像が出力された。問題ない。

次に、”StereoCamTestプロジェクトのデバック1”で使用した StereoCamTest_154_t フォルダのプロジェクトの dvi2rgb IP を今うまく行ったIP に置き換えてやってみた。
BMDC_bugfix_19_160304.png

今度はきちんと 1024 x 768 のXGA 解像度の画像が VGA ポートから出力されていた。問題ない。
BMDC_bugfix_22_160304.jpg

BMDC_bugfix_23_160304.jpg
  1. 2016年03月05日 06:24 |
  2. ZYBO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/3412-2794d0c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)