FC2カウンター FPGAの部屋 Vivado HLS勉強会資料(AXI4 Lite Slave)を更新しました

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vivado HLS勉強会資料(AXI4 Lite Slave)を更新しました

Vivado HLS勉強会資料(AXI4 Lite Slave)を更新しました。

ZYBO_zynq_def.xml を使用してZYBO のPS部分を設定していましたが、Digilent社のWebサイトにZYBO_zynq_def.xml が無くなってしまったので、ボード・ファイルを使う方法に変更しました。
細かいタイポを修正しました。
  1. 2016年05月12日 04:19 |
  2. Vivado HLS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

Vivado HLS をXilinx University Programでやってみました

Xilinx University Program(xup)に、説明会で使用する学習資料が公開されていました。全部で8種類ありますがそれぞれにPDFのチュートリアルとソースプログラムがあります。
http://japan.xilinx.com/support/university/workshops.html

その中の2つを紹介します。
1)FPGA Design Flow using Vivado
 lab1からlab6まであり、lab1でのVivadoが生成するファイルについての説明は懇切丁寧で分かり易いです。lab3からlab6までは、Pmod接続のuart(秋月FT232RQのキットで作成しました)を使うもので、15ファイル、3000行のverilogソースが提供されています。コメントが豊富で、verilogの使い方とプログラム技術が大変参考になりました。

2)High-Level Synthesis Flow on Zynq
 lab1からlab4まであり、すべて実行することができましたが、エラーなど参考にしていただければと思います。
 環境は、Windows7にVirtualbox4.3.28をインストール。Virtualboxには、ArchLinux 201508 + Vivado-HLS 2015.4。ボードはZyboです。

lab1-行列の計算です。
Project->Run C Simulation でコンパイルエラー発生。 「../lib64/crti.o unrecognized relocation..」
原因は、gcc とbinutilsのバージョン問題の様です。ここを参考にしました。
https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=808205
binutils-2.25.90.20151209-1以降でなければならないとあります。
 解決方法、sudo pacman -S gcc ---ArchLinuxのパッケージ管理です。Ubuntuでは、sudo apt-get install gcc で良いかと。
なおこれは、Cでは問題なくて、C++のとき発生するエラーの様です。

lab2- yuvfilterです。これは問題なし。

lab3- discrete cosine transformation(dct)です。
Project -> Run C Simulation でエラー発生。「failed: SIGSEGV」
原因は、テストベンチdct_test.c でデータファイルをopenしているが、カレントディレクトリにないためでした。ファイルが見つからないと表示すべきを、思い掛けないエラーにしているものです。
 解決方法、Add Files でデータファイルin.datとout.golden.datを取り込む。これはチュートリアルに指示がありません。
 
lab4- 内蔵のSSM2603 ADC/DACを使用したfirフィルタです。
これも問題はなく、オーディオ入力端子から信号を入れて、AD変換ー>firー>DA変換、出力端子から音が出ました。クラシックとジャズを試しましたが、ピアノがぼあーんとするなど締りがなく音質は良くありませんでした。firフィルタオフでも変わらず、SSM2603 の限界でしょうか。
  1. 2016/05/21(土) 20:54:01 |
  2. URL |
  3. Shin #-
  4. [ 編集 ]

Shinさん、ご紹介ありがとうございました。
面白そうですね。見てみます。
  1. 2016/05/22(日) 03:53:25 |
  2. URL |
  3. marsee #f1oWVgn2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/3465-4de2101a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)