FC2カウンター FPGAの部屋 Vivado HLS を使用した車の白線検出2(HoughLinesで直線検出)

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vivado HLS を使用した車の白線検出2(HoughLinesで直線検出)

”Vivado HLS を使用した車の白線検出1(初めに)”の続き。

前回、”ka367/Lane-Detecting-Using-Hough-Transform”のコードを試してみたが、C シミュレーションは上手く行かずに、C コードの合成はZYBO に入らなかった。そこで、地道にOpenCVのHough 変換をやってみることにした。

まずは、”Line Detection by Hough Line Transform”のコードを頂いて、”ka367/Lane-Detecting-Using-Hough-Transform”の”test_1080p.bmp”で白線を検出できるかどうか?やってみた。

下にプロジェクトを示す。なお画像は、”ka367/Lane-Detecting-Using-Hough-Transform”の”test_1080p.bmp”を使用させて頂いている。
Lane-Detecting_5_160514.png

これで C シミュレーションを行った。
Lane-Detecting_8_160514.png

”source”と”detected lines”が表示された。なお画像は、先程も書いたが”ka367/Lane-Detecting-Using-Hough-Transform”の”test_1080p.bmp”を使用させて頂いている。
Lane-Detecting_6_160514.pngLane-Detecting_7_160514.png

”detected lines”ウインドウを見ると、道路のレーンの直線が検出できている。水平線と車の車内も直線検出されている。車内の線は位置で除けるし、水平線は傾きで除けると思う。但し、センターラインが出ていないが、これも検出できるようにしたい。

まだ、OpenCVをソフトウェアで動作させただけで、ハードウェアにした訳では無いが、もう少しやってみよう。
  1. 2016年05月14日 11:35 |
  2. Vivado HLS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/3467-47b8cd15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)