FC2カウンター FPGAの部屋 Vivado HLS を使用した車の白線検出3(暗い画像での白線検出)

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vivado HLS を使用した車の白線検出3(暗い画像での白線検出)

Vivado HLS を使用した車の白線検出2(HoughLinesで直線検出)”の続き。

前回は、”Line Detection by Hough Line Transform”のOpenCVを使用した直線検出のアプリケーションを使用して、”ka367/Lane-Detecting-Using-Hough-Transform”の”test_1080p.bmp”の道路の白線を検出することができた。
今回は、暗い時の白線を検出できるかどうかを調べてみようと思う。

最初に”test_1080p.bmp” をGIMP で明るさを変えてみた。(なお、画像の”test_1080p.bmp”は、”ka367/Lane-Detecting-Using-Hough-Transform”から使用させて頂いています)
最初に元の”test_1080p.bmp” を示す。
Lane-Detecting_9_160515.jpg

次に、GIMP で明るさを -74 に設定した”test_1080p_rb1.bmp” を示す。
Lane-Detecting_10_160515.jpg

GIMP で明るさを -127 に設定した”test_1080p_rb2.bmp” を示す。
Lane-Detecting_11_160515.jpg

GIMP で明るさを -127に設定した画像を更に -100 に設定した”test_1080p_rb3 .bmp” を示す。
Lane-Detecting_12_160515.jpg

明るさを暗くした画像を白線検出を試みた。なお、今回は Canny フィルタの出力画像も追加した。
最初に、”test_1080p_rb1.bmp”の白線検出結果を示す。
Lane-Detecting_13_160515.jpgLane-Detecting_14_160515.jpgLane-Detecting_15_160515.jpg
sourceウインドウが白黒画像で、CannyウインドウがCannyフィルタを掛けた後の画像、detect linesウインドウが直線検出した線を赤い線で表した画像を示す。
白線検出は問題ない。

”test_1080p_rb2.bmp”の白線検出結果を示す。
Lane-Detecting_16_160515.jpgLane-Detecting_17_160515.jpgLane-Detecting_18_160515.jpg
こっちらも白線検出は問題ない。

”test_1080p_rb3.bmp”の白線検出結果を示す。
Lane-Detecting_19_160515.jpgLane-Detecting_20_160515.jpgLane-Detecting_21_160515.jpg
白線検出はできていない。やはり暗すぎるようだ。

  1. 2016年05月15日 05:35 |
  2. Vivado HLS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/3468-441f8c15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)