FC2カウンター FPGAの部屋 Z-turn Board のPS設定をサンプル・プロジェクトからコピーする

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Z-turn Board のPS設定をサンプル・プロジェクトからコピーする

Z-turn Board のVivado プロジェクトを作ろうと思ったが、PS(Processing System つまり、ARM SoC の設定です) の設定はどうするんだろうと思っていた。ZYBO では、ボード・ファイルをVivado のボード・ファイルのフォルダにコピーしたが、Z-turn Board では、そのようなファイルは見当たらない。そこで、サンプル・プロジェクトのPS設定をエクスポートできて、新しく作るVivado プロジェクトのPS の設定として読み込めないかな?と探ってみた。

Z-turn Board についてくるDVD の 05-ProgrammableLogic_Source\7Z020 に mys-xc7z020-trd.rar があって、これを解凍すると mys-xc7z020-trd フォルダができる。
Vivado_PS_settings_1_160603.png

mys-xc7z020-trd.xpr をダブルクリックして、Vivado を起動した。Vivado 2016.1 が起動するので、IP アップグレードを行って、ブロックデザインを表示したところだ。ZYNQ7 Processing System はたくさん接続されているので、いい具合だ。
processing_system7_0 をダブルクリックして、設定画面を出すことにする。
Vivado_PS_settings_2_160603.png

PS の設定画面が開いたら、Presets -> Save Configuration... を選択した。
Vivado_PS_settings_3_160603.png

Save Current Configuration... ダイアログが開く。
Preset Name と File name に mys-xc7x020_trd と入力して、OKボタンをクリックした。
Vivado_PS_settings_4_160603.png

そうすると、mys-xc7z020-trd フォルダに、mys-xc7x020_trd.tcl ファイルができた。
Vivado_PS_settings_5_160603.png

mys-xc7x020_trd.tcl ファイルを開いてみるとこんな感じだった。
Vivado_PS_settings_6_160603.png

さて、このTCL ファイルを読み込んでみたいということで、test_proj プロジェクトを作成した。
ブロックデザインを作成して、ZYNQ7 Processing System をAdd IP した。
Vivado_PS_settings_7_160603.png

processing_system7_0 をダブルクリックして、設定画面を出した。
Presets -> Apply Configuration... を選択した。
Vivado_PS_settings_8_160603.png

mys-xc7x020_trd.tcl ファイルを指定した。
Vivado_PS_settings_9_160603.png

mys-xc7x020_trd.tcl ファイルの設定がPS設定としてロードされている。
Vivado_PS_settings_10_160603.png

PS 設定画面を終了すると、processing_system7_0 が設定されている。成功だ。
Vivado_PS_settings_11_160603.png

自分でデフォルトのPS 設定として、良かれと思う様に設定した。
Vivado_PS_settings_12_160603.png

そして、PS 設定画面から Presets -> Save Configuration... でファイルとしてセーブした。
ファイル名は、def_z_turn_board_20_ps_settings.tcl で、Preset Name は、default_z-turn_board_20_PS_settings とした。
Vivado_PS_settings_13_160603.png

def_z_turn_board_20_ps_settings.tcl を開いてみた。
Vivado_PS_settings_14_160603.png

これで、def_z_turn_board_20_ps_settings.tcl を使用して、Z-turn Board でPS を使ったVivado プロジェクトを作ることができる様になった。
  1. 2016年06月04日 04:45 |
  2. Vivado
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/3484-7a6252a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)