FC2カウンター FPGAの部屋 ガボール・フィルタ (Gabor Filter) による白線検出3(HLSビデオライブラリ)

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ガボール・フィルタ (Gabor Filter) による白線検出3(HLSビデオライブラリ)

ガボール・フィルタ (Gabor Filter) による白線検出2”の続き。

前回は、カーネルサイズを 9 にしてガボール・フィルタをかけて、カーネルのパラメータをを取得した。今回は、取得したカーネルのパラメータを使って、Vivado HLS のHLS ビデオライブラリを使用して、ハードウェア化を試みた。

まずは、カーネルのパラメータを加工して、int で扱える形にする。
カーネルのパラメータを256倍して、四捨五入を行った。
左白線検出用パラメータを示す。
GaborFilter_8_160721.png

この値は256倍してあるので、カーネルを画像データにかけた後で、1/256倍する必要がある。

次に右白線検出用パラメータを示す。
GaborFilter_9_160721.png

このパラメータをカーネルとして、hls::Filter2D() で2次元フィルタをかけるわけなのだが、今回は、1/256 することもあり、少なくとも16ビットSingedで演算したい。
画像の型情報のHLS_8UC3 と HLS_8UC1 があるのはわかっているのだが、HLS_16UC3 と HLS_16UC1 があるのかどうかの情報が全くない。。。

試しに、HLS_16UC3 と HLS_16UC1 を使ってやってみたのだが、エラーになってしまう。
GaborFilter_10_160721.png

もうすこしやってみてダメだったら、自分で hls::LineBuffer と hls::Window を使用して、ガボール・フィルタを実装しようと思う。
  1. 2016年07月21日 05:25 |
  2. 白線検出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/3522-b888e3fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)