FC2カウンター FPGAの部屋 Gabor FilterをZYBO_0_162_2 へ実装してみた

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Gabor FilterをZYBO_0_162_2 へ実装してみた

ガボール・フィルタ (Gabor Filter) による白線検出11(その他の道路写真での検証)”でZybot にカメラを搭載して、実際に撮影した画像でGabor Filter のパラメータを取得する必要があることが分かった。今回は、試しに”ガボール・フィルタ (Gabor Filter) による白線検出10(hls::LineBuffer と hls::Window を使用7)”でIP 化を行ったGabor FilterをZYBO_0_162_2をコピーした ZYBO_0_162_3 へ実装してみることにした。

現状のZYBO_0_162_3 フォルダのZYBO_0_153 プロジェクトのブロックデザインを示す。
GaborFilter_31_160731.png
GaborFilter_32_160731.png

ZYBO_0_162_3 フォルダの下にGabor Filter_lh フォルダを作って、”ガボール・フィルタ (Gabor Filter) による白線検出10(hls::LineBuffer と hls::Window を使用7)”の soluttion1 -> impl -> ip フォルダのxilinx_com_hls_Gabor_filter_lh_1_0.zip の中身を ZYBO_0_162_2 フォルダの下にGabor Filter_lh フォルダにコピー&ペーストした。
GaborFilter_33_160731.png

IP Catalog に Gabor_filter_lh を追加した。なお、Gabor Filterは、”ガボール・フィルタ (Gabor Filter) による白線検出10(hls::LineBuffer と hls::Window を使用7)”でIP 化したものに指示子の”#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=RorL”を追加してC コードの合成、IP 化を行った。つまり、RorL もポートにするのをやめて、AXI4-Lite Slave のレジスタとしたわけだ。
GaborFilter_34_160731.png

このGabor_filter_lh を camera_interface モジュールに追加した。
GaborFilter_36_160802.png

ZYBO_0 ブロックデザイン全体を示す。
GaborFilter_37_160802.png

論理合成、インプリメントを行って、Summary を見たところ、タイミングがエラーになっていた。
GaborFilter_38_160802.png

Implemented Design でタイミングを見たところ、Gabor_filter_lh でエラーが出ていた。
GaborFilter_35_160802.png

しかし、CLK から D へのタイミングエラーがあるのだろうか?
Vivado HLSでクロック周期を変えてGabor_filter_lh の回路をもっと速くしてみよう。
  1. 2016年08月01日 05:19 |
  2. Zybot
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/3532-da38c50c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)