FC2カウンター FPGAの部屋 PYNQボード3(Jupyter Notebook)

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

PYNQボード3(Jupyter Notebook)

PYNQボード2(Linux の起動)”の続き。

前回はLinux を起動して、起動メッセージや、Webページ、Samba の様子を確認した。今回は、PYNQボードで起動しているWebアプリケーションのJupyter Notebook をやってみた。

まずは、PYNQのマニュアルの”Introduction to Jupyter Notebook”からやってみた。

まずは、Jupyter Notebook について、全く知らないので調べてみた。
Jupyter Notebook を使ってみよう”によると、

Jupyter Notebook (読み方は「ジュパイター・ノートブック」または「ジュピター・ノートブック」) とは、ノートブックと呼ばれる形式で作成したプログラムを実行し、実行結果を記録しながら、データの分析作業を進めるためのツールです。

だそうだ。つまり、記録しながら実行もできるよというツールなんだろう?

その他のジュピター・ノートブックの資料を示す。
Windows によさげなノート環境JupyterNotebook環境をつくる
Jupyter Notebookの拡張機能を使ってみる

次に、PYNQのマニュアルの”Introduction to Jupyter Notebook”の手順でジュピター・ノートブックを使ってみた。
PYNQ_13_161009.png

うまく行った。これは便利だ。

次に、”Cortex-A9 programming in Python”をやってみたが、これもうまくいった。

Video using the Base Overlay”をやってみた。これは、PYNQボードのHDMI IN から入れた画像をPython でキャプチャできるそうなので、ZYBO_0 からのカメラ画像を入れてみた。

ZYBO_0 をブートして、カメラ画像をHDMI OUT に出力する。
PYNQ_14_161009.png

Overlay("base.bit").download() でビットファイルがダウンロードできるようだ。これは便利だ。xdevcfg を使っているのだろうか?

Python コードを実行すると、

HDMI is capturing a video source of resolution 1024x768

と表示され、XGA 画像だと認識できている。
PYNQ_15_161009.png

HDMI IN に入力された画像がキャプチャできた。この画像は乱れているように見えるが、XGA画像フォーマットにSVGA の画像を載せているので、このような画像になって正常なのである。
PYNQ_16_161009.jpg

エリア内のGreen を 255 にするPython コードも正常に動作した。
PYNQ_17_161009.jpg

HDMI IN の画像をHDMI OUTに出力しようとしたが、出力できなかった。
PYNQ_18_161009.png

マニュアルによると、対応する解像度は、

Valid resolutions are:

0 : 640x480, 60Hz
1 : 800x600, 60Hz
2 : 1280x720, 60Hz
3 : 1280x1024, 60Hz
4 : 1920x1080, 60Hz

だそうだ。つまり、XGA解像度が無かった。。。
HDMI 入力はあるけど、HDMI 出力は無いようだ。

今までジュピター・ノートブックを試した記録は、test1_161009.ipynb としてセーブした。
  1. 2016年10月11日 05:07 |
  2. PYNQ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/3597-49389c77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)