FC2カウンター FPGAの部屋 FPGAマガジンNo.12の「第4章 共通カスタムLinuxディストリビューションの開発」をやってみた1

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

FPGAマガジンNo.12の「第4章 共通カスタムLinuxディストリビューションの開発」をやってみた1

FPGAマガジンNo.12 ARMコアFPGA×Linux初体験」の「第4章 共通カスタムLinuxディストリビューションの開発」をやってみることにした。
きっかけは、「Intel SoC FPGA デベロッパー・フォーラム」でDE0-Nano-SoC をもらってしまったので、何かやらねばということで、沿いう言えばひでみさんの記事のZynq とSoC FPGA 両対応でブートできるSDカードをやってみたかったんだっけ?ということで、試しにやってみることにした。
なお、売り物の記事の内容を実行してみているので、具体的な手順ははっきりと示さない。やってみたいと思ったら、FPGAマガジンNo.12 を購入してやってほしい。

環境はWindows 10 でVirtualBox 5.1.8 を動かして、そこにUbuntu 14.04 LTS を動作させている。それ上でビルドしている。

最初に49 ページ左カラム真ん中のYocto Project のビルドで必要なツール類をインストールした。
XA_Linux_build_1_161103.png

49ページ左下のrepo コマンドをダウンロードしたところだ。
XA_Linux_build_2_161103.png

図5 の repo sync が終了した。
XA_Linux_build_3_161103.png

図5 の cd poky; ls が終了したところだ。
XA_Linux_build_4_161103.png

49 ページ真ん中の ls conf が終了した。
XA_Linux_build_5_161103.png

Linux ディストリビューションのレシピ名を表示した。
XA_Linux_build_6_161103.png

図6 のcd tmp/deploy/sdk できなかった。tmp ディレクトリの下は cache しかなかった。
XA_Linux_build_7_161103.png

困ったな。どうしよう?
善後策を考える。
  1. 2016年11月03日 07:58 |
  2. Linux
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/3624-0ddcada5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)