FC2カウンター FPGAの部屋 ikzmw さんの axi_slave_bfm test をやってみた1

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ikzmw さんの axi_slave_bfm test をやってみた1

ツィッターで ikwzm さんが私の(Verilog 版はcobac さんがVHDL版を直してくれたのだが)AXI4 Slave BFM をシミュレーションして動いたと報告してくれた。それで、 ikwzm さんのikwzm/axi_slave_bfm_test をやってみた。

なお、AXI4 Slave BFM は
AXI4 Slave Bus Functional Model のVerilog HDL版4
AXI4 Slave Bus Functional Model のVHDL版4

git コマンドはWindows 10 のUbuntu を試してみることにした。

コマンドプロンプトを起動して、bash を起動した。

/mnt/c/Users/Masaaki/Documents/Vivado/Sim ディレクトリにcd した。
git コマンドを sudo apt-get install git でインストールした。
git clone git://github.com/ikwzm/axi_slave_bfm_test.git axi_slave_bfm_test
cd axi_slave_bfm_test
git submodule init
git submodule update

axi_slave_bfm_test_1_161106.png

これで axi_slave_bfm ディレクトリが作成された。
axi_slave_bfm_test_2_161106.png

ここで、Vivaod 2016.3 を起動した。

Tools メニュー -> Run Tcl Script... を選択する。
axi_slave_bfm_test_3_161106.png

C:\Users\Masaaki\Documents\Vivado\Sim\axi_slave_bfm_test\sim\vivado\axi_slave_bfm_test のcreate_axi_slave_bfm_test_1.tcl を選択してOK ボタンをクリックした。
axi_slave_bfm_test_4_161106.png

tcl スクリプトが実行された。

Open project アイコンをクリックして、axi_slave_bfm_test\sim\vivado\axi_slave_bfm_test\axi_slave_bfm_test_1.xpr を開いた。

Vivado 2016.3 のaxi_slave_bfm_test_1 プロジェクトが表示された。
axi_slave_bfm_test_21_161107.png
  1. 2016年11月07日 05:09 |
  2. AXI4バス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/3626-c5cc1ba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)