FC2カウンター FPGAの部屋 ikzmw さんの axi_slave_bfm test をやってみた2

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

ikzmw さんの axi_slave_bfm test をやってみた2

ikzmw さんの axi_slave_bfm test をやってみた1”の続き。

Vivado 2016.3 のaxi_slave_bfm_test_1 プロジェクトが表示されたところで前回のブログが終了したので、今回はそこから始めよう。このプロジェクトはVHDL のAXI4 Slave BFM 用だ。
axi_slave_bfm_test_21_161107.png

Flow Navigator の Simulation → Run Simulation → Run Behavioral Simulation を実行した。
axi_slave_bfm_test_22_161108.png

Tcl Console を開くと、Error、Mismatch、Warning は 0 だった。
axi_slave_bfm_test_23_161108.png

シミュレーションの波形を示す。
axi_slave_bfm_test_24_161108.png

axi_slave_bfm_test_25_161108.png

次に、create_axi_slave_bfm_v_post_synth_test_1.tcl を試してみた。

前回同様に、Tools メニュー -> Run Tcl Script... を選択する。

create_axi_slave_bfm_v_post_synth_test_1.tcl を選択してOK ボタンをクリックした。

tcl スクリプトが実行された。

Open project アイコンをクリックして、axi_slave_bfm_test\sim\vivado\axi_slave_bfm_test\axi_slave_bfm_v_post_synth_test_1.xpr を開いた。

Vivado 2016.3 のaxi_slave_bfm_v_post_synth_test_1プロジェクトが表示された。
axi_slave_bfm_test_26_161108.png

Flow Navigator のSynthesis → Run Synthesis をクリックして論理合成を行った。

Flow Navigator の Simulation → Run Simulation → Run Post-Synthesis Functional Simulation を実行した。
axi_slave_bfm_test_27_161108.png

Tcl Console を開くと、Error、Mismatch、Warning は 0 だった。
axi_slave_bfm_test_28_161108.png

シミュレーションの波形を示す。
axi_slave_bfm_test_29_161108.png

axi_slave_bfm_test_30_161108.png

論理合成後のシミュレーションも問題ないようだ。ikwzm さんありがとうございました。
  1. 2016年11月08日 04:35 |
  2. AXI4バス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/3627-b4d75f62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)