FC2カウンター FPGAの部屋 Vivado HLS で生成した AXI4 Master DMA IP を使用したカメラ画像表示システム4(ILAコアの挿入2)

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vivado HLS で生成した AXI4 Master DMA IP を使用したカメラ画像表示システム4(ILAコアの挿入2)

Vivado HLS で生成した AXI4 Master DMA IP を使用したカメラ画像表示システム3(ILAコアの挿入)”の続き。

DMA_Read_addr_0 の m_axi_in_r と outs は波形が出ていて動作しているようだった。よって今回は、AXI4-Stream 版のビットマップ・ディスプレイ・コントローラの内部信号をVivado Analyzer で確認してみよう。

Flow Navigator -> Synthesis -> Open Synthesized Design をクリックして、Synthesized Design を開く。

Tools -> Set Up Debug... を選択する。
DMA_Read_IP_56_170320.png

Set Up Debug ダイアログが開いた。
DMA_Read_IP_57_170320.png

Nets to Debug でFind Nets to Add... をクリックする。
DMA_Read_IP_58_170320.png

Find Nets で、h_count を検索してみた。
DMA_Read_IP_59_170320.png

Add Nets to Debug で信号を選択する。
DMA_Read_IP_60_170320.png

観察する信号を示す。
DMA_Read_IP_61_170320.png

次は、ILA Core Options を設定する。
DMA_Read_IP_62_170320.png

Set Up Debug Summary が表示された。
DMA_Read_IP_63_170320.png

Debug 画面が表示された。
DMA_Read_IP_64_170320.png

cam_disp_axis.xdc の制約ファイルに挿入したu_ila_0 の制約が追加された。
DMA_Read_IP_65_170320.png

インプリメント、ビットストリームの生成を行った。結果を示す。
DMA_Read_IP_66_170320.png

SDK でXilinx Tools -> Program FPGA を選択して、ビットストリームをZynq にダウンロードした。
SDK で、Hello_World を起動して、PL にクロックを供給した。
Flow Navigator -> Program and Debug -> Open Hardware Manager -> Auto Connect を選択した。
Hardware Manager が起動した。
Dashboard Optionsを開いて、hw_ila_2, hw_ila_3 のすべてにチェックを入れた。
DMA_Read_IP_67_170320.png

hw_ila_1 のトリガをかけた。AXI4 バス。
DMA_Read_IP_68_170320.png

hw_ila_2 のトリガをかけた。ビットマップ・ディスプレイ・コントローラのclk_disp ドメイン。
DMA_Read_IP_69_170320.png

hw_ila_3 のトリガをかけた。ビットマップ・ディスプレイ・コントローラの clk_axi ドメイン。
DMA_Read_IP_70_170320.png

SDK で cam_disp_hls.elf をRun した。
hw_ila_3 の波形を示す。diap_mode_ena が 1 にならない。しかも init_done_d1 が上がったときに、u_ila_1_war_data_count_1[7:0] が 00 ではなかった。となると、ビットマップ・ディスプレイ・コントローラを活かすのが遅いことが考えられる。
DMA_Read_IP_71_170320.png

cam_disp_hls.c のアプリケーションソフトで、DMA_read_addr の起動の後で、ビットマップ・ディスプレイ・コントローラを活かしていたのだが、これでは、ビットマップ・ディスプレイ・コントローラを活かすのが遅い。ビットマップ・ディスプレイ・コントローラを生かす記述(ピンクの四角)を DMA_read_addr の起動(青の四角)の前に持ってきた。
DMA_Read_IP_72_170320.png

これでうまくDMA Read の波形が出力された。
DMA_Read_IP_73_170320.png

画像も表示された。
DMA_Read_IP_87_170320.jpg

DMA Read とDMA Write が両方表示されている波形を示す。
DMA_Read_IP_74_170320.png
DMA_Read_IP_75_170320.png
  1. 2017年03月21日 04:08 |
  2. ZYBO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/3751-363f1baf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)