FC2カウンター FPGAの部屋 Bash on Windows 10にVivado WebPACK 2017.2をインストールした

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Bash on Windows 10にVivado WebPACK 2017.2をインストールした

Vengineerの戯言」ブログの「Bash on Windows 10でVivado 2017.2」でWindows 10のPowerShell で動作するUbuntu 16.04 上でVivado 2017.2 をインストールするという記事が載っていた。それを参照して、自分でもWindows 10 のUbuntu 16.04 にVivado WebPACK 2017.2 をインストールしてみた。

まずは、左下のウインドウアイコンを右クリックして、右クリックメニューからWindows PowerShell を起動した。
update, upgrade コマンドを入力する。
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

Win10_Ubuntu_Vivado_1_170717.png

Xming は既にインストールしてあるので、Xming を立ち上げた。次に、x11-apps をインストールした。続けてJava をインストールした。
sudo apt-get install x11-apps
sudo apt-get install default_jre
sudo apt-get install default_jdk


カレント・ディレクトリにXilinx_Vivado_SDK_2017.2_0616_1_Lin64.bin を貼り付けて
sudo ./Xilinx_Vivado_SDK_2017.2_0616_1_Lin64.bin
を実行するとDISPLAY 変数をセットしないといわれてエラーだった。
export DISPLAY=:0.0
を実行して、もう一度、
sudo ./Xilinx_Vivado_SDK_2017.2_0616_1_Lin64.bin
を実行するとVivado のインストーラーが上がってきた。
Win10_Ubuntu_Vivado_3_170717.png

その後はLinuxでのインストールと同様に、インストール画面を表示されたので、WebPACKを選択して、インストールを開始した。
Win10_Ubuntu_Vivado_2_170717.png

インストール途中でエラーが出てしまった。今のインストール先は、/mnt/d/Xilinx ディレクトリだ。
Win10_Ubuntu_Vivado_4_170717.png

D: ドライブは十分に容量があるので、たぶん、行先のディレクトリが長すぎるのでは?と思う。
Win10_Ubuntu_Vivado_5_170717.png

今度はデフォルトのディレクトリパスの /opt/Xilinx にした。
Win10_Ubuntu_Vivado_6_170717.png

Win10_Ubuntu_Vivado_7_170717.png

インストール終了。成功した。
Win10_Ubuntu_Vivado_8_170717.png

Ubuntu16.04にVivado 2016.4をインストール”を参考に設定を行った。

gedit が無いのでインストールした。
sudo apt install gedit

gedit で .bashrc を編集する。
gedit .bashrc

.bashrc の下に以下の3行を追加した。
source /opt/Xilinx/Vivado/2017.2/settings64.sh
alias xsdk='env SWT_GTK3=0 xsdk'
alias vivado='env SWT_GTK3=0 vivado'

(2017/07/18:追記 export DISPLAY=:0.0 も追加しておいた方が良い)
Win10_Ubuntu_Vivado_9_170717.png

.bashrc の内容を反映。
source .bashrc

.Xilinx のオーナーを自分に変更する。
sudo chown -R marsee:marsee .Xilinx/

Vivado を起動した。
Vivado &
Win10_Ubuntu_Vivado_10_170717.png

Vivado が起動した。
Win10_Ubuntu_Vivado_11_170717.png

ZC702 のExample Project を生成してみた。
Win10_Ubuntu_Vivado_12_170717.png

論理合成、インプリメント、ビットストリームの生成も通った。
Win10_Ubuntu_Vivado_13_170718.png

ただし、日本語の表示と入力はまだできない。日本語を表示させるとトーフになってしまう。
  1. 2017年07月17日 08:00 |
  2. Vivado
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/3857-330c5a4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)