FC2カウンター FPGAの部屋 画像をリサイズするためにDMA Read IPをVivado HLSで製作した2(dmar4resize_gray)

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

画像をリサイズするためにDMA Read IPをVivado HLSで製作した2(dmar4resize_gray)

画像をリサイズするためにDMA Read IPをVivado HLSで製作した1(dmar4resize_gray)”の続き。

前回は、フレームバッファからDMA Read して AXI4 Stream 出力して resize_gray にAXI4 Stream 入力するIP (dmar4resize_gray)のC シミュレーションを行った。Ubuntu 16.04 上のVivado HLS 2016.4 はC シミュレーションがうまく行かなかったが、Windows 10 Pro 上のVivado HLS 2016.4 はC シミュレーションがうまく行った。
今回は、C コードの合成、C/RTL協調シミュレーション、Export RTL を行う。

C コードの合成を行った。まずは、Ubuntu 16.04 上のVivado HLS 2016.4 の結果から示す。
wlt_cnn_121_170901.png
wlt_cnn_122_170901.png

Latency は 480010 クロックで、これは、800 x 600 ピクセルの画像をDMAしているので、余計なクロックは 10 クロックのみである。
リソース使用量はBRAM_18K は 2 個、DSP48E が 0 個、FF が 845 個、LUT が 1047 個だった。

次に、Windows 10 Pro 上のVivado HLS 2016.4 のC コードの合成結果を示す。
wlt_cnn_123_170901.png

Ubuntu 16.04 上のVivado HLS 2016.4 の結果と同じだった。

Ubuntu 16.04 上のVivado HLS 2016.4 でC/RTL協調シミュレーションを行った。
wlt_cnn_124_170901.png

エラーになってしまった。エラー内容を示す。

ERROR: [COSIM 212-303] Aborting co-simulation: RTL simulation failed.
ERROR: [COSIM 212-344] Rtl simulation failed.
ERROR: [COSIM 212-4] *** C/RTL co-simulation finished: FAIL ***
could not read "C:/Users/Masaaki/Documents/VIvado_HLS/ZYBO/test/dmar4resize_gray/solution1/sim/tv/rtldatafile/sim/report/cosim.log": no such file or directory
while executing
"source C:/Users/Masaaki/Documents/VIvado_HLS/ZYBO/test/dmar4resize_gray/solution1/cosim.tcl"
invoked from within
"hls::main C:/Users/Masaaki/Documents/VIvado_HLS/ZYBO/test/dmar4resize_gray/solution1/cosim.tcl"
("uplevel" body line 1)
invoked from within
"uplevel 1 hls::main {*}$args"
(procedure "hls_proc" line 5)
invoked from within
"hls_proc $argv"
Finished C/RTL cosimulation.


Windows 10 Pro 上のVivado HLS 2016.4 でC/RTL協調シミュレーションを行った。
wlt_cnn_125_170901.png

やはり、同様のエラーだった。

C/RTL協調シミュレーションはあきらめて、Export RTL を行った。
Ubuntu 16.04 上のVivado HLS 2016.4
wlt_cnn_126_170901.png

SLICE 216 個、LUT 488 個、FF 752 個、DSP 0 個、BRAM 1 個、SRL 21 個使用していた。

Windows 10 Pro 上のVivado HLS 2016.4
wlt_cnn_127_170901.png

結果はUbuntu 16.04 上のVivado HLS 2016.4 と同じだった。
  1. 2017年09月03日 05:20 |
  2. Vivado HLS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/3904-afd24f90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)