FC2カウンター FPGAの部屋 reVISION-Zybo-Z7-20をやってみた10(stereo)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

reVISION-Zybo-Z7-20をやってみた10(stereo)

reVISION-Zybo-Z7-20をやってみた9(再びDense Non-Pyramidal Optical Flow)”の続き。

前回は、CMA領域を 64MB に増やして、Dense Non-Pyramidal Optical Flowをやってみたところエラーになることもなく正常に実行できた。今回は、reVISION-Zybo-Z7-20 の File I/O の example の残りの stereo をやってみよう。

なお、今回も @ikwzm さんの”FPGA+SoC+Linux+Device Tree Overlay+FPGA Region(SDSoC対応編)”のプラットフォームを使用して、SDSoC が出力した実行ファイルを実行している。

SDSoC の stereo プロジェクトを示す。
reVISION-Zybo-Z7-20_126_120409.png

Debug でビルドを行って成功した。
Debug/sd_card を ZYBO-Z7-20 の Debian 上の ~/sdsoc_test/stereo/ に SFTP した。

これからは、 ZYBO-Z7-20 の Debian 上での作業になる。
dnp_of から _p0_.dts と xlnk.dts を ~/sdsoc_test/stereo/ 上にコピーした。
前回の dnp_of をやったままだったので、デバイスツリーを削除した。
cp ../dnp_of/*.dts .
sudo dtbocfg.rb --remove _p0_
sudo dtbocfg.rb --remove xlink

reVISION-Zybo-Z7-20_117_120408.png

ビットファイルをダウンロードして、Xilinx APF Accelerator driver を有功にする。
sd_card ディレクトリに行って、stereo.elf を実行する。
sudo dtbocfg.rb --install _p0_ --dts _p0_.dts
sudo dtbocfg.rb --install xlnk --dts xlink.dts
cd sd_card/
sudo .stereo.elf left.png right.png

reVISION-Zybo-Z7-20_118_120408.png

sd_card ディレクトリに ocv_output.png, hls_output.jpg が生成された。
reVISION-Zybo-Z7-20_119_120408.png

まずは、reVISION-Zybo-Z7-20 の stereo example の left.png と right.png を引用する。
reVISION-Zybo-Z7-20_122_120408.jpg

reVISION-Zybo-Z7-20_123_120408.jpg

ocv_output.png を示す。
reVISION-Zybo-Z7-20_121_120408.jpg

hls_output.jpg を示す。
reVISION-Zybo-Z7-20_120_120408.jpg

白のほうが手前で、黒のほうが奥なんだろうと思う。
hls_output.jpg の方が、ocv_output.png よりも白っぽい感じがする。

今回も @ikwzm さんの”FPGA+SoC+Linux+Device Tree Overlay+FPGA Region(SDSoC対応編)”のプラットフォームを使用して、stereo example が実行できた。
  1. 2018年04月10日 05:06 |
  2. reVISION, xfOpenCV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/4132-0b9bc227
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)