FC2カウンター FPGAの部屋 今年度のVivado HLSセミナ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

今年度のVivado HLSセミナ

今年度の筑波大学の学生さん向けのVivado HLSセミナは5月30日(水)からで、全10回の予定です。約2時間から3時間です。
昨年度、AXI4 Masterから急に難しくなったという意見を汲んで、初心者編6回と応用編4回の計10回にしました。
メニューです。

・Vivado HLS 初心者編
1. 第 1 回目(2 時間程度)No1 のフォルダに資料があります。実習はありません
 (ア) Zynq の概要
 (イ) AXI インターフェース
 (ウ) Vivado HLS(概要)
2. 第 2 回目(半日程度)資料-No2 フォルダ
 (ア) Vivado HLS 勉強会 1(基礎編)(ZYBO 実機を使用します)
  ① Vivado HLS の基本的に使い方を学習します。簡単な乗算回路の IP を作ります。組み合わせ回路を作ります。
  ② Vivado HLS で作った IP を使用して、Vivado で IPI を使って乗算回路にして ZYBOで実際に動作させます。
3. 第 3 回目(半日程度)資料-No3 フォルダ
 (ア) Vivado HLS 勉強会 2(レジスタの挿入と PIPELINE ディテクティブ)
  ① 第 2 回目で作成した乗算回路にレジスタを挿入します。
  ② パイプライン処理の方法を学習します。
  ③ Vivado HLS でディスプレイ・コントローラを作ってみます。
4. 第 4 回(半日程度)資料-No4 フォルダ(ZYBO 実機を使用します)
 (ア) Vivado HLS 勉強会 3(AXI4 Lite Slave)
  ① 乗算回路を AXI4 Lite Slave インターフェース対応にします。
  ② Vivado HLS で作った乗算回路 IP を Vivado の IP インテグレータ―にインスタンスし、ZYBO で実際に動作させます。
5. 第 5 回(半日程度)資料-No5n フォルダ
 (ア) Vivado HLS 勉強会 4(AXI4 Master 初心者編)
  ① 2 乗回路(簡単な例)を題材に AXI4 Master の実装方法を学習します。
  ② Vivado HLS で 2 乗回路 IP を作成し、Vivado で実装して ZYBO 実機で 2 乗結果を確認します(AXI_HP ポート使用)。
6. 第 6 回(半日程度)資料-No6n フォルダ
 (ア) Vivado HLS 勉強会 5(AXI4 Stream 初心者編)
  ① 第 5 回と同じ 2 乗回路(簡単な例)を題材に AXI4-Stream の実装方法を学習します。
  ② Vivado HLSで2乗回路IPを作成し、DMA IPと組み合わせてVivadoで実装してZYBO実機で 2 乗結果を確認します(AXI_ACP ポート使用)。

・Vivado HLS 応用編
7. 第 7 回(半日程度)資料-No5 フォルダ
 (ア) Vivado HLS 勉強会 4(AXI4 Master)
  ① ラプラシアンフィルタを題材に AXI4 Master の実装方法を学習します。
  ② ディレクティブ(指示子)や C の構造による性能の違いを学習します(チューニング方法)。
8. 第 8 回(半日程度)資料-No6 フォルダ
 (ア) Vivado HLS 勉強会 5(AXI4 Stream)+HLS ビデオライブラリ
  ① 第 5 回目のラプラシアンフィルタを AXI4 Stream で実装します。AXI4 Stream は一番性能が出やすくお得です。
  ② HLS ビデオライブラリについて説明します。講義のみです。
9. 第 9 回(半日程度)資料-No7 フォルダ(ZYBO 実機を使用します)
 (ア) Vivado HLS の IP を Linux から使用する
  ① 第 4 回目で作成した乗算回路を Linux から使用する方法を学習します。
  ② SDK で BOOT.bin を作成し、devicetree や uImage とともに SD カードに書き込みます。
  ③ SD カードの第 2 パーティションには私の Ubuntu 14.04 の RootFS を入れておいて、ZYBO 上で Ubuntu を起動します。
  ④ Vivado HLS のドライバを使って乗算回路 IP をソフトで制御するために Makefile を作ってコンパイル実行します。
  ⑤ Linux の CMA 領域を使用する udmabuf について学習します。
10. 第 10 回(半日程度)資料-No8 フォルダ
 (ア) 任意精度固定小数点データ型
  ① いろいろな任意精度固定小数点データ型に対して量子化モード、オーバーフローモードを変更して C シミュレーションし、その違いを実感する
  ② また、①の C コードの合成を行い、リソース使用量の違いを確認する。
 (イ) Vivado HLS のビデオ関数
  ① Vivado HLS の OpenCV 対応ライブラリについて学習する
  ② Vivado HLS のビデオ関数を使用した Sobel フィルタについて実習する。
  ③ Vivado HLS のビデオ関数を使用した FASTX コーナー検出について実習する。
  1. 2018年05月22日 08:33 |
  2. Vivado HLS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/4176-80dda3f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)