FC2カウンター FPGAの部屋 Vivado 2018.2 が出た

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vivado 2018.2 が出た

昨日、Vivado 2018.2 が出ていた。

Vivado HLS のAnalysis にSchedule Viewer が追加されたということでやってみることにした。

MNISTのCNNの特徴マップが 3 個の場合で確かめてみた。
Vivado 2018.2 で mnist_conv_nn3_hlss_k_org82 フォルダのVivado HLS プロジェクトをC コードの合成を行った。結果を示す。
下に 2018.1 の結果も示す。
vivado_2018_1_1_180620.pngtensorflow_keras_111_180618.png

同じ結果だった。

Analysis モードにすると、Schedule Viewer が起動した。新しいモードだ。
vivado_2018_1_2_180620.png

conv_layer1 > conv_layer_template を選択した。
赤い部分があるが、これはタイミング違反のブロックということだ。
どこからデータが来て、どこに行くのかが矢印で示されているのだと思う。
vivado_2018_1_3_180620.png

affine_layer1 > affine_layer_templat_1 を示す。
vivado_2018_1_4_180620.png

見やすくなった気がするが、どこの演算をしているのかがいまいち分からない?

Export RTLの結果を示す。2018.1 の結果も示す。
vivado_2018_1_5_180620.pngtensorflow_keras_112_180618.png

特に FF と SLICE の使用量が 2018.2 の方が少なくなっている。
CP achieved post-implementation が 9.525 ns から 8.846 ns に改善されているが、これはVivado の改善のようだ。


次に、Vivado 2018.2 を”Kerasを使用したMNIST CNNで手書き文字認識1(以前のVivado プロジェクトをVivado 2017.4に変換)”のVivado 2017.4 と比較してみよう。

Vivado 2018.2 の PYNQ ボードのMNIST のCNN プロジェクトを示す。
vivado_2018_1_6_180620.png

Vivado 2018.2 の結果を示す。 2017.4 の結果も示す。
vivado_2018_1_7_180620.pngvivado_2018_1_8_180620.png

LUT は少し 2018.2 の方が少なく、LUT RAM と FF がやはり、2018.2 の方が少なくなった。
今度から 2018.2 を使ってみようか?
  1. 2018年06月20日 04:50 |
  2. Vivado
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/4203-c61da875
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)