FC2カウンター FPGAの部屋 Ultra96用PMOD拡張ボード14(Ultra96V2用に改版した2)
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Ultra96用PMOD拡張ボード14(Ultra96V2用に改版した2)

Ultra96用PMOD拡張ボード13(Ultra96V2用に改版した)”の続き。

前回は、Ultra96V2 の回路図を見た結果、Ultra96 のPMOD 拡張ボードがUltra96V2 では動作しないことが判明したので、電源をVSYS_IN からVCC5V0 へ変更した。今回は、電源スイッチを押すのが、とっても大変なので、電源スイッチとPOR (Power On Reset) のタクトスイッチを 2 個実装することにした。

タクトスイッチは秋月電子の表面実装用タクトスイッチ 黒色 (2個入)を使用する。

まずは回路図シンボルを作成した。
Ultra96_ext_board_5_190515.png

回路図を作成した。
Ultra96_ext_board_6_190515.png

フットプリントを作成した。
Ultra96_ext_board_7_190515.png

基板を作成した。
Ultra96_ext_board_8_190515.png

これでガーバー・ファイルとドリルファイルを作成して、FusionPCB に発注した。
発注費用は円高になっているとみえて、どちらも20.94 ドルで同じ金額なのだが、前回は 2,423 円だったが、今回は、2,383 円だった。
  1. 2019年05月15日 04:28 |
  2. Ultra96
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/4524-bfdd1ece
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)