FC2カウンター FPGAの部屋 Spartan3 Starter KitでMIPSプロセッサ
FC2ブログ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Spartan3 Starter KitでMIPSプロセッサ

そういえば、電子系自営業者の開発日誌さんのOpenCore MPUメモで知ったのだがMIPSプロセッサをSpartan3 Starter Kitに載せるているらしい。リアルタイムOSが動いているようだ。
やってみようとしてVHDLソースをダウンロードしてISEでインプリメントしてみたが、出来なかった。もう少し修正しなくちゃだめなのかな? ALTERAでも動くようになってるので、その部分をコメントアウトしなくてはいけないようだ。調整中で、まだインプリメントできていない。
Spartan3 Starter KitのMIPSでLinuxが動作すればよいのだが。。。
(へこんでいると言っていたんだけど、こう言う事はするんです。気まぐれですね。。。)

2007/04/27: 書き換えないでインプリメントできました。問題はmlite_cpu.vhdのサブモジュールのreg_bank.vhdのreg_file_dp_ram_xc4000xlaコンポーネントだったのだが、上の階層のdpram.vhdがそうだった。これをプロジェクトに加えたところ Spartan-3 Plasma Kit HOWTO ページで書かれているようにVGAにランダムパターンが出た。(ランダムパターンと入ってもストライプだったけど。初期化していないSRAMのデータだそうだ)
できれば休み中にシリアルからGDBで動作させてみたい。詳しい情報は Spartan-3 Plasma Kit にあるようだ。
動作周波数は25MHzだったけど、UCFを書き直したら50MHzでもOKだった。動作周波数を変えるとシリアルのボーレートも書き換えなくてはいけないので、とりあえず25MHzのままテストすることにする。
  1. 2007年04月25日 05:48 |
  2. その他のFPGAの話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

一度やりました

はじめまして、@ele から来ました。
plasma kit ではうまく動きませんでしたが、OpenCores 本家のパッケージでは UART まではちゃんと動きました。まとまっていませんが、
http://www.tateoka.org/~tate/diary/20060507e/index.html
にちょっとその時のことを書いています。RTOS までは動かせませんでしたが、少しでもご参考になれば幸いです。

  1. 2007/04/25(水) 09:49:49 |
  2. URL |
  3. たておか #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。はじめまして。

情報ありがとうございます。とても参考になりそうです。
自分でUCFを作ったり、7セグLEDをつないだりしなければならないので、もうすこしXilinxのプリミティブを使えるようにgeneric値を設定してやって見ます。
  1. 2007/04/25(水) 19:02:17 |
  2. URL |
  3. marsee #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/472-980f5eba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)