FC2カウンター FPGAの部屋 VMware Server 2.0 でUSB接続HDDのマウント

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

VMware Server 2.0 でUSB接続HDDのマウント

VMware Server 2.0 でUSB接続HDDのマウントが出来た。マニュアルを見てやっていないので、どうもUSBデバイスのマウントの仕方がわからなかったのだが、ようやくできた。
やり方はブラウザ上のVMWare Infrastructure Web AccesssのSummaryタブの Commands からPower ON するとVMware Remote Consoleを立ち上げる。つまりUbuntuを立ち上げてログインするわけだ。
Power ON すると上のほうのアイコンが出ている部分にUSBのマークが出てくるので、そこをクリックするとメニューが出てくる。そこで、マウントしたいUSBのHDDにチェックをつける。ここではメルコのUSB接続HDDが付いているので、そのブリッジにチェックを入れる。
VMware_tips_1_081107.png

そうすると、Ubuntu上にメルコのUSB接続HDDがマウントされた。この状態では、Windowsからはマウントは外されて見えなくなった。
VMware_tips_2_081107.png

マウントし、USB接続HDDの内容を表示するのにだいぶ時間がかかったが、内容を表示することが出来た。
VMware_tips_3_081107.png

これに、u-bootのビルド結果をコピー&ペーストすると、出来ました。
VMware_tips_4_081107.png

これで、アンマウントし、ブラウザ上のVMWare Infrastructure Web Accesss のUSBマークのメニューからUSB接続HDDのチェックを外すとWindows から再び見えるようになった。これで内容を見てみるとUbuntu でコピーしたファイルも正常に読み出すことが出来た。

これで、Windows と linux 間でファイルのやり取りを簡単に出来るようになった。しかし、USB接続HDDのマウントには時間がかかるので、後でやってみたUSBメモリの方が圧倒的にマウントに時間がかからずに良い感じ。(容量が少ないせいかもしれないが。。。)こっちでデータをやり取りしよう。。。
  1. 2008年11月07日 05:39 |
  2. VMware
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://marsee101.blog19.fc2.com/tb.php/945-a72084f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)